レッツ・アウトドア!ウェイクで行く車中泊の旅は何ができるの?

(ダイハツHP:photo by ダイハツ

アウトドアに興味のある皆さま、こんにちは!最近は、車中泊ブームということもあり、今回は、ちょっと気になっているダイハツ・WAKE(ウェイク)での車中泊のお話しをしていきたいと思います。

ウェイクでは快適な車中泊が出来るのか、機能面など、徹底的に掘り下げていきますよ!

スポンサーリンク

ウェイクは車中泊に向いているの?



「車中泊はミニバンが定番かにゃ?」

車中泊というと、ハイエースやキャラバンのような大き目のミニバンを、車中泊用に改造しているなんて方もいますけど、車中泊のためにわざわざ大き目のミニバンを買ったり改造するのはメャ大事ですよね。

普段用に使うエコなクルマを、たまには車中泊にも使いたい」そんなニーズにマッチするのは、軽自動車です。



軽自動車って、小さくて狭くて安っぽいというイメージはもはや過去の話。実際、ウェイクのような軽自動車を車中泊に利用している人は、めちゃくちゃ増えています。

私も普段使いの軽自動車(ダイハツ・タント)を、気楽に車中泊に利用しています。何といっても、軽自動車なら燃費や維持費も安くついておサイフにもやさしいのが魅力です。


だから、

  • 車中泊最強軽自動車はウェイクで決まり!
  • ウェイクの車内は車中泊にぴったり!

なのです。

ウェイクの車中泊は快適なの?どんな感じ?

それでは、さっそくウェイクの車中泊を一緒にのぞいてみましょう。

ウェイクと他の車との違いは?

ウェイクは、アウトドアすることを想定して開発された車です。



大人2人+子ども1人で車中泊できるし、多くの荷物を収納できます。また、運転席も高く遠くまで見渡せるから運転も安心です。それでいて、経済的な軽自動車なのだから驚きです。

ダイハツウェイクは、「ドデカクつかおう」「あんちゃん」のCMで有名ですね。

ウェイクは何といっても、タントやスペーシアよりも室内がドデカク広いのです。

そのため、車中泊を想定せずに開発された軽自動車に比べて圧倒的に居心地が良く、車の中で寝ていても体に負担がかかる事はありません。

ウェイクのサイズ
室内 :145cm

荷台幅:875cm

これは、コンパクトミニバン並みの大きさです。



でもでも、ウェイクが車中泊用の車として適しているのは、単に室内空間が広いというだけではありません。



 (こんな風にぜーんぶキレイにはちょっと怖いけど)

この画像で何がお伝えしたいかというと、

ウェイクは衛生面でも充実!

という事でした。

泥んこの靴も臭いも汚れも簡単にふいとってくれるイージーケアフロアを装備。車内空間をクリーンにしてくれて、車内の空気をキレイにするスーパークリーンエアフィルターも付いてます。

そして、泥んこになった服や濡れたものなどをしまっておくのに便利なアンダートランクがあります。



シートの撥水加工はアウトドアシーンの汚れに強いので、水の汚れはサッと拭くだけでキレイにする事ができて、臭いの成分も同時に除去する事が可能です。

素晴らしいですね。

ウェイクで車中泊できるスペースはどのくらい?

「ニャオー、広々寝れるにゃー」

ズバリ!ウェイクは車中泊で熟睡したい時、フルフラットモードで超快適に眠れます。

大人2人が並んで寝られるだけでなく、小さいお子さん1人足しても大丈夫です。



ウェイクの良いところは、シートを全部フラットに倒せることです。背の高い人でも、十分に足を伸ばせられますね。



布団や寝袋とマットレスがあれば、かなり寝るのが楽になります。車中泊は「快適」でなくては、楽しい旅行も疲れてしまいますよね。まさに軽自動車車中泊の申し子!といったところでしょうか。



だって、全シートを倒せば、室内の奥行きは200cm近くあり、座面からの高さは115cmほどありますから。



また、ちょっと 仮眠をとりたい時にはロングソファーモードもあります。

ウェイクで車中泊するメリットは?

車中泊は、気兼ねなくプライベート空間を楽しみながら旅行ができるので、ペットや子連れだって安心なのです。

メリットをまとめると、

  • 旅行や移動の時間を有効に活用できる
  • 宿泊費を節約できる
  • 混雑・渋滞を避けて移動できる
  • ロケーションの良い場所で泊まることもできる

泊まりがけのお出かけの場合、出費の中で一番大きいのが宿泊費ですよね。一般的な旅館・ホテルなどを利用するなら、一人あたり1泊10,000円ほどの出費は覚悟しなければなりません。

その点車中泊は、とても経済的で、宿の予約も不要です。「今日はどこで寝ようか~」と気ままに旅を楽しめるのも車中泊ならではです。

泊まる場所は各地の高速のパーキングエリアや道の駅、オートキャンプ場などよりどりみどり。むしろ、近くに宿泊施設があまりないような自然豊かな場所でさえ泊まることができるのも、車中泊の強みといえます。



でも、車中泊を行う場所は、どこでもいいわけわけではありません。高速SAや道の駅なら施設がそろい車中泊を行うのに適しています。



しかし、公に認められているわけではないので、その場所のルールを確認して安心・安全な車中泊を楽しみましょう。長時間車を止めていても迷惑のかからない場所に車を停車させ、マナーを持って利用しましょう。

車中泊の旅・自分たちだけの空間

お出かけは、行き先だけでなく道中の時間も楽しみにひとつ。

車中泊ならいくら騒いでも迷惑がかかりませし、まわりの目を気にする必要もありません。好きな音楽を聴きながらドライブを楽しんだり、楽器を持ち込んでみたり。

公共交通機関を使う場合、他の人もいるのでどうしてもリラックスできません。ところが車中泊なら同じ空間にいるのは同行者のみ。

思い切りリラックスしながら道中を楽しめます。小さな子供やペット連れでも大丈夫ですしね。まるで自分の家ごと移動しているような感覚になりますよ。

車中泊の旅・その土地ならではの楽しさを味わえる

行った先の日帰り温泉スーパー銭湯に入ったり。道の駅によって新鮮な野菜や人とのふれあいを楽しんだり。その土地ならではの楽しみを味わえるのも車中泊ならではです。

こういった経験はなかなかできませんよね。車中泊であれば急な予定変更でも柔軟に対応できるのです。

車中泊の旅・デメリット

  • トイレなどの設備がない
  • 防寒、暑さの対策が必要になる
  • 大人数での旅行に対応しにくい
  • ベットほどはぐっすり眠れない

これらをクリアーすれば、車中泊は、全国各地を旅行するための手段として最高のものになります。

人里離れた場所など、宿泊施設がない場合、車中泊は非常に便利な宿泊手段となります。

安心、安全に車中泊を行うポイントは?

安全に車中泊するためのポイントは、以下の3つになります。

  1. ゴミの始末
  2. 寒さ対策
  3. 車中泊~就寝時の防犯対策・その他の防犯対策



1.ゴミの始末について

(クマ君、これは、ちょっと困ります!)

車中泊の旅行の過程出るゴミは、家庭のゴミではなく、産業廃棄物に分類されます。ゴミの捨て方は、ゴミ箱の置いてある施設のスタッフに「捨ててもいいか」確認して処理して下さい。たいていは、捨てさせてくれるそうです。

2.寒さ対策について

  • 防寒グッズを活用
  • 重ね着
  • 窓にマルチシェードなどで隙間風を防ぐ
  • ドアからの隙間風には、衣類などで防ぐ

3.車中泊~就寝時の防犯対策・その他の防犯対策について

  • 就寝時は貴重品や鍵・携帯等は手の届くところに置いておく
  • ドアロックは必ずかける
  • 窓は基本的に閉めましょう
  • 防犯グッズなども利用しましょう

夜間の車内はほぼ真っ暗なので、明かりをつをつけなくてもすぐ手の届くところに鍵や携帯を置いておきましょう。車中泊での防犯対策は慎重すぎるほど慎重にするくらいでちょうどいいです。間違っても自分だけは大丈夫と思ってはいけません。

車中泊の魅力たっぷりな楽しみ方

プライベートな空間を思いっきり満喫できる、車中泊にはさまざまな楽しみ方が隠されているのです。

  • 宿泊先選びも楽しみのひとつ
  • 旅先での食探しが楽しい

車中泊をする上で忘れてはいけないのが食事ですよね。

ホテルや旅館のように食事が出るわけではないため、自分たちで用意する必要があります。少し面倒に感じるかもしれませんが、SAでのご当地グルメや、道の駅などでは地元の食材などが数多く売られてるので、楽しみも増えます。

特に水回りや電気などの設備が完備されているオートキャンプ場では、開放感のある食事は醍醐味のひとつと言えます。

スポンサーリンク

車中泊は気軽にアウトドア気分が味わえる



アウトドアと言えば、キャンプに関する知識や道具を持っていないと難しいなと思っていませんか?そんなことはありません。

車中泊なら最低限の準備で始めることができます。車内に生活用品を持ち込んだり、本格的なアウトドアを楽しみたい人であればオートキャンプ場を利用する方法もあります。

荷物を車に詰め込めば家からキャンプ場まで直通です、釣りや川遊びなどで存分に楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • ウェイクは車中泊に向いている
  • ウェイクの車中泊は超快適
  • ウェイクの車中泊スペースは広々
  • 車中泊にはメリットがいっぱい
  • 車中泊にはデメリットもある
  • 安全に車中泊を行うポイントを押さえる
  • 車中泊で気軽にアウトドアできる

なんだか、いろいろ調べているうちにウェイクで車中泊している気分になって来ました。どこに行こうかなあ〜ってルンルン気分です!



是非、みなさんも気軽にウェイクで車中泊を楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です