アウトドア料理で子供と楽しく作って食べれるおすすめパンレシピ5選

キャンプに行けば、地頭が良くなり、心身ともに健康になる物凄いメリットがあります。

そしてキャンプの居心地は道具で決まっちゃいます。

皆さんが素晴らしいキャンプを経験して、キャンプにしっかりハマれるように、優れた道具選びのコツとキャンプのメリットを徹底的に掘り下げました↓

→キャンプ道具で居心地はかなり違う!グッズ選びのポイントと注意点

子供の成長は嬉しいことですが、アウトドアに行く際は走り回ったりするため、目を離したすきに転んでけがをする場合があるので気が気じゃないですよね。特に、料理をしている時が目を離してしまう時間が多くありませんか?

そこで今回は、料理を子供と共に楽しく作って美味しく食べて、子供の安全と親の安心を抱いて、且つ子供との絆を深められるレシピの中でもパンに絞っておすすめ5選ご紹介します。

料理は手順という計画性や味や見た目という創造性を養えるので、子供の成長に良い影響を与えてくれるので家族にとって一石二鳥です。また、食物アレルギーの子供用の代替食品に関することを紹介するので、参考にしてください。

スポンサーリンク

子供が喜ぶ人気ウィンナーパン

引用:クックパッド
材料(4人分)
棒付きウィンナー  8本
強力粉       300g
塩         小さじ1
砂糖        30g
ベーキングパウダー 6g
オリーブオイル    大さじ1
水         150cc
ヨーグルト     30g
レシピ
1.ボウルに強力粉・塩・砂糖・ベーキングパウダーをいれて、ヨーグルトをいれる。

2.次に1に水を 3回分くらいにわけて 手で混ぜながら加える。

3.少し粉っぽさが残る程度までこねたら オリーブオイルをいれて さらにこねる。

4.ひとかたまりになるまでこねたら、丸くまとめて30分~1時間程度ねかす。

5.8等分にカットして、ウインナーにまき、バーベキュー台で焼き、火が通れば完成。

レシピ詳細はこちらをクリック

子供も大人も好きなウィンナーを使用したパンで、お店でも良く売られている人気パンの一つです。強力粉を使用しているのでとてももちもちした食感に加えて、アウトドアでは炭火の香りがプラスされ、風味が全く異なっていて最高です。

それに、このパンはベーキングパウダーを使用して作るので、発酵工程が無く通常よりも時間が短縮でき、子供を退屈させることがありません。それに、バーベキューで定番の棒付きウィンナーを使用するので材料も追加する必要はありません。

~ミカコ家のある昼~

キー坊
ママ、お腹すいた~
ミカコ
じゃあ、これ少しこねてくれる?

私がキー坊にボールを差し出した。中には粉っぽさが残る白い生地が入っていた。

キー坊
分かった!頑張る。

~10分後経過~

キー坊
っすごいよ!粉が固まった!
ミカコ
フフッ。楽しいでしょ。料理は魔法よ。
キー坊
うん、楽しい。すごいよ。
ミカコ
良かったわ。じゃあ、今から焼こうね。

二人は焼きあがったパンを食べて、益々笑顔になりました。
~おしまい~

ポイント
ベーキングパウダーを使用することで早くておいしいもちもちパンを作れる

眠い朝でも簡単に!定番のホットサンド

引用:クックパッド
材料(4人分)
サンドイッチパン(8枚切り) 1袋(8枚切りトーストでも可)
ハム            1枚
チーズ           1枚
レシピ
1.ホットサンドプレートにサンドイッチパンか8枚切りトーストを1枚乗せ、ハムとチーズなど具を重ねます。

2.サンドイッチパン2枚目を被せ、ホットサンドメーカーを火にかけ、両面1、2分毎に焼き加減を確認しながら焼きます。

3.プレートの1枚を外して、お皿の上にひっくり返して完成

レシピ詳細はこちらをクリック

テントで寝た次の日の朝は寒さと少しのだるさが残るので何もしたくないですよね。でも、子供もお腹が鳴って空腹を訴えて来るので早く簡単に作れて食べられるものが良いですよね。

このレシピは1枚のパンを焼いて具材をもう一枚のパンで挟んで焼くだけの工程なので、億劫な朝にピッタリのレシピですよ。それに、とろけたチーズとハム、そしてパンの相性は抜群ですし、空腹も十分満たすほどボリューム満点です。

子供も喜びますし、子供でも簡単に作れてしまいます。ただし、火を使用するので大人がそばにいなければ危ないです。それ以外は子供と話しながらパンを焼いて食べて談話に花を咲かせましょう。

~ミカコ家のある朝~

ミヤビくん(夫)
眠いなぁ。何もしたくない。
キー坊
お腹すいたよ~
ミカコ
ふぅ。仕方無いわね。これを使いましょう。二人とも手伝ってね。

夫とキー坊は私が持っている材料を見て首を傾げた。私は夫に火を起こす指示をだし、キー坊と二人でパンとチーズとハムを準備した。

ミヤビくん(夫)
火を起こしたよ。でも、なにを作るんだ?

私は笑みを浮かべたままフライパンを熱し、キー坊とパンを焼き始めて、具材をもう一枚のパンで挟んで焼き続けた。

キー坊
チーズがとろけてきた~
ミヤビくん(夫)
なるほど、サンドウィッチか。
ミカコ
正しくはホットサンドだけどね。

私は出来上がりを半分にきり、二人に分けると二人はかぶり付いた。

ミヤビくん(夫)
チーズがとろけていて最高。
キー坊
おいしい。
ミカコ
喜んでくれて良かったわ。私も焼こう。

私が焼こうとすると、二人が一斉に空になった皿を差し出した。

ミカコ
全くおかわりぐらい言いなさいよ。

私は呆れながら、口を動かしながらもおかわりを催促する夫とキー坊のさらに追加をのせ、二人はまたかぶり付いた。
~おしまい~

ポイント
朝簡単に子供と作れてボリューム満点のホットサンド
スポンサーリンク

子供と作る本格パン!生地の変化に夢中

引用:クックパッド
材料(8人分)
強力粉       250g
砂糖         30g
塩          小さじ2
ドライイースト    小さじ3/2
バター        10g
サラダ油(型に塗る用) 少量
牛乳         160ml
レシピ
1.全ての材料を混ぜ合わせ、滑らかになったら冷蔵庫へ入れます。一次発酵(出発前)

2.パン焼器の内側にサラダ油を塗り、成型した状態で鍋ごとクーラーボックスに入れます。(出発当日)

3.パンを食べる1から2時間前にクーラーボックスから外にだして放置する。二次発酵(キャンプ場着後)

4.カセットコンロの弱火で17分、ひっくり返して5分焼きます。

5.鍋とパンの間にスプーン等で隙間を作り、鍋からだします。完成

レシピ詳細はこちらをクリック

出かける前の準備があるので大変ですが、子供と話しながらすれば時間はあっという間です。それに、これだけの時間をかけて作った時の子供の満面の笑みを見れば苦労が吹っ飛ぶのは間違いなしです。

成型は使用するパン焼き器に合わせてしてみてください。子供のアイディアが出ればそちらを優先してみるのも楽しいかもしれません。本格的なパン作りで時間はかかりますが、工程自体はいつもと同じで混ぜる→成型→焼くの3工程です。

~ミカコ家のキャンプ出発前の夜~

ボールに材料を入れて私とキー坊は手でこねていた。

キー坊
疲れた。固まらないね。
ミカコ
それはまだ3分もこねてないからよ。ほら、頑張ろう。

私が励ますとキー坊は頷き再度こね始めた。そこにお風呂上がりの夫がやってきた。

ミヤビくん(夫)
手伝うよ。家族で力を合わせれば、そんなの簡単さ。

私は勝ち誇っている夫に対してボールを見せながら不敵な笑みを浮かべた。

ミカコ
ごめん、固まりになったわ。
ミヤビくん(夫)
そんな~。

その後、落ち込んだ夫を苦笑を浮かべた私とキー坊は顔を見合わせてから励ました。
~おしまい~

ポイント
本格パンを子供と日数をかけて作れる。

フライパンで子供と作るパン

引用:クックパッド
材料(4~5人分)
☆強力粉    100g
☆スキムミルク 小さじ1
☆砂糖     大さじ1/2
☆塩      小さじ1/4
ドライイースト 小さじ1
ぬるま湯又は水 大さじ4
バター     10g
トッピング   適量
レシピ
1.☆の材料を量ってビニール袋にひとまとめにする。ドライイーストは別の袋にしっかり口を閉じてクーラーボックスに入れ持って行く

2.鍋に水とバターを入れよく混ぜてバターを溶かす。

3. その鍋にドライイーストを入れよく混ぜ、☆の粉類を入れて菜箸でぐるぐる混ぜる。粉のかたまりが無いように混ざったらスプーンで表面を軽くならす。

4.生地が入ったボールにラップをかぶせボウルごと布を巻いて日なたに置き2倍にふくらます。(約15分放置)

5.クッキングシートの上に4の生地を出し、粉を付けたしゃもじでぺたぺたと軽く押しガス抜きしながら形を整える。雑穀などのせる。

6.フライパンにクッキングシートごと⑥の生地をのせ蓋をして弱めの中火で4分焼く。

7.シートはそのままでパンだけ裏返す。裏返したら蓋をして弱火で2分焼く。完成

レシピ詳細はこちらをクリック

フライパンで焼いてできるのがこのパンの魅力です。家庭に必ずある調理器具なので気軽に試すことができると思いますよ。そして、子供も生地をこねたり、発酵させることで生地の変化に興味が湧くことは間違いないです。

それに、このパンは成型から材料から自由自在のアレンジがあるので、子供の創造力を掻き立ててくれます。そうすれば、アウトドアに目覚めて子供から積極的にその行事をしたいと言い出すかもしれません。ぜひ、試してみてください

ポイント
フライパンで簡単で楽しい本格パン作り

子供も大好きフレンチトースト

引用:クックパッド
材料(2人分)
バケット 2切れ
卵    2個
牛乳   180cc
砂糖   大さじ2
バター  10g
レシピ
1.ボウルに卵を入れてかき混ぜて、牛乳、砂糖を入れて完全にまで混ぜる。

2.バケットを漬けて、熱したフライパンにバターを入れて、バケットを両面に焼き色がつくまで焼く。完成

レシピ詳細はこちらをクリック

子供が大好きなデザート系パンの王道のフレンチトーストはとても簡単レシピなので、子供と一緒に楽しむのには最適です。特に、フレンチトーストの盛り付けの時は生クリームやフルーツでトッピングできるので、楽しいです。

子供の創造を膨らませることができ、かつ、甘くておいしい為、おやつとして食べながらより家族での会話が弾むことに期待が高まります。簡単でおいしいフレンチトーストを子供と一緒に試してみてください。

~ミカコ家の3時のおやつ~

私は簡易椅子に座りながら湖を見ていると、キー坊が虫かごを持ちながら帰ってきて、空腹を訴えてきた。私は彼に手を洗うように言い、フライパンがある簡易料理台にいると、すぐにキー坊もやってきた。

ミカコ
では、まずはこの卵と牛乳と砂糖をボールを使って混ぜよう。

キー坊は卵をボールに割り入れ、牛乳と砂糖を入れて泡立て器で混ぜた。

ミカコ
上手だね。良い調子。
キー坊
うん、僕も成長した。

そこに切ったパンを入れて漬け込み、それからそのパンをフライパンで焼いてお皿に盛り付けた頃、夫が帰って来た。

ミヤビくん(夫)
おー、いい匂いだね。ちょうど、お腹減ってたんだ。

夫はお皿に盛ったトーストを食べ始めた。私はそんな夫を見てため息をついた。

ミカコ
あなたは成長しないわね。キー坊の方が年上に見えるわ。
ミヤビくん(夫)
え?何の話?

その後、また、フレンチトーストを焼いて食べて、結局夫は最後まで意味が解らなかったらしい。
~おしまい~

ポイント
材料を混ぜ合わせてつけて焼くだけでフレンチトースト作れる

その他、子供も大人も喜ぶレシピをご紹介していますよ

【バーベキューレシピ総集編】カンタン!時短で高見えレシピ

2018-10-30

【アウトドアは秋が旬】料理も自然も最大限に楽しむ方法おしえます

2018-11-04

食物アレルギーの子供におすすめ商品紹介

今回パンのレシピをご紹介しましたが、アレルギーを持つお子さんと暮らしているお母さんは特に食べるものに気を使うかと思います。子供で多い食物アレルギーを調べてみると・・・。

  1. 鶏卵アレルギー
  2. 牛乳     
  3. 小麦      

参考:愛媛小児科医師会公式HP

ベスト3が上記の1,2,3です。これを見るとパンは約半分以上の割合の子供が食べられないということになります。

アレルギーがあるからうちの子にはパンは上げられないと諦めているお母さんにおすすめしたい、鶏卵と牛乳、そして小麦のアレルギーの子供に最高の商品を一つご紹介します

野菜と米粉を使用した蒸しパンで味はにんじん、お米、ほうれん草の3種類がセットになっており、米粉のもちもちとした食感がたまらず、お野菜の甘みもプラスされています。何より、安心して家族全員で食べられるのが良いですよね。

成分
砂糖、米粉、植物油脂、にんじんピューレ(ほうれん草ピューレorピューレなし)、でん粉、オリゴ糖、大豆たん白、食塩、シロップ/トレハロース、糊料(加工でん粉、アルギン酸エステル、キサンタン)、乳化剤、膨張剤、ベニコウジ色素、香料、(一部に大豆を含む)

まとめ

手作りパンレシピ5選

  • 子供が喜ぶウィンナーパン
  • アウトドア朝食定番ホットサンド
  • 子供と作る本格パン
  • フライパンで子供と作るパン
  • 子供も大好きフレンチトースト
  • 食物アレルギーの子供におすすめ商品紹介

パン作りはアウトドアで楽しめる料理の一つで子供と共同作業ができる所が魅力の一つです。それを、簡単に手軽で子供と一緒になって調理することで、子供とはより仲良くなれます。

それから、焼きあがったパンを子供と食べて、いろんなことを話したりすることで子供の普段の生活の中では見えない一面が見えてくるはずです。その瞬間が子供の成長を感じる時なので、それを見逃さないようにしましょう。

あとは、アウトドアというイベントで訪れた自然を子供と共に感じながら、一緒に完成させたパンの味を噛みしめましょう。それは、普段の美味しいよりもっと美味しいはずです。

スポンサーリンク

ところで皆さん、キャンプしてますか?

キャンプは敷居が高いと思っていませんか?
キャンプは大変そう、めんどくさい、、、と思っていませんか?

それって、道具を工夫することで全部解決しちゃうんです。

どんな道具を選べばよいか、おすすめの道具はどんなものか、この記事で詳しく説明しています。

間違いないアウトドアのギアはここで!
全国に約60店舗を抱え、100年近い歴史を持つ老舗の信頼できるショップコチラ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です