簡単なバーベキュー料理!前菜からメインとデザートまで25選

アウトドアの最大の楽しみのひとつといえばバーベキュー料理ですよね。お肉や魚介をお腹いっぱい食べてからの甘いデザートまでの流れがたまりません。まさに幸せを感じるひと時です。

普通に肉や野菜を焼いて食べるだけでも立派なバーベキューですが、なにか違う料理をつくってみんなを驚かせたいと考えている方のために簡単に作れるバーベキュー料理レシピをご用意しました。見た目が豪華なものからお手軽一品料理までレシピ満載25選です。

スポンサーリンク

バーべキューを始める前に確認すること3つ

バーベキューの食材は人数分用意しよう

まずは、バーベキューのメインであるお肉の必要量を確認しましょう。「肉これだけー?足りないよー。」このセリフ、絶対に言われたくないですよね。目安としては、以下の通りとなります。

肉の目安

400g~ 食べる量が多い方 食べ盛りの若者

300g  一般的な成人男性

200~250g 一般的な成人女性 小学生のお子様

また、野菜は自宅でカットしておくとバーベキュー時の作業が減るのでおすすめです。かぼちゃなどの固い野菜は、現地で切ると意外と大変で苦戦します。余裕があれば、自宅で仕込んで当日は焼くだけの状態にしておきましょう。

簡単バーベキュー料理にアルミホイルは必需品

ホイル焼きなどの料理に使えるのはもちろんのこと、コンロやグリルに敷いておけば炭の片付けが手間いらずになる便利アイテムです。忘れずに持参しましょう。

また、ロゴスからは焼きそばシートという厚手のアルミが販売されています。これがあると焼き網を鉄板のように使うことができるという優れものです。焼きそばを食べたい方はぜひご活用ください。

上手な焼き方のポイント

肉はひっくり返さないほうがおいしく焼けるという話はよく聞くかと思いますが、厚みによっては何度もひっくり返した方が温度差がなくなりおいしくできます。ですが、厚みがあっても、肉汁をムダにしたくないからあえてなるべく動かさない焼き方もあります。

肉の焼き方は色々とありますが、焼き加減の目指す場所は「表面は焦げ目ができるくらいしっかり焼けていて、中心部はちょうど火が入ったくらい」です。この焼き方が上手く出来ると、普通に焼くと固くなってしまう肉がやわらかくおいしく食べれます。

ただし、しっかり中心部まで火を通さないと食中毒の可能性がでてきてしまうので、生焼けには十分注意しましょう。

バーベキューでお肉が焼けるまでのお供に【前菜レシピ5選】

バーベキューの火起こしをしている間に、ささっとつくれる簡単なレシピがあると心強いです。食材が焼けるまでの待ち時間の間をつなげますし、肉をたくさん食べる方も多いと思うので、さっぱりしたものを用意すれば喜ばれること間違いなしです!

レシピ1 簡単で早い!蛇腹キュウリ


cookpad

このきゅうりは、1枚ずつに切れているのではなくて、つながっています。見た目で驚きを提供できるだけでなく、触感が楽しく味もしみこみやすくなる工夫レシピです。10分~15分位漬け込めば、出来上がりです。

レシピ詳細はこちら

レシピ2 時短でイタリアンサラダ


cookpad

トマトとキュウリだけでできる時短イタリアンサラダ。1センチ角にカットしたあとに、クレイジーソルトとオリーブオイルをかけて混ぜれば完成です。チーズやベーコン、クレソンを追加するなど自分好みに調整できるのもポイントです。

レシピ詳細はこちら

レシピ3 やみつきキャベツ


白ごはん.com

居酒屋や焼肉屋さんでおなじみのやみつきキャベツは、手でちぎって調味料と混ぜるだけなので包丁いらずでとても簡単です。ごま油とにんにくの風味がたまりません。酒のおつまみとしても人気がある万能選手です。

レシピ詳細はこちら

レシピ4 フルーツを前菜に!桃とチーズの生ハム巻き


cookpad

フルーツでつくることができる前菜です。調理方法もこれまた楽チンで、材料を切って巻いてコショウを軽く一振りで完成です。桃以外にも、メロンやぶどう、柿などの旬のフルーツで作ってみてもおもしろいかもしれません。

レシピ詳細はこちら

レシピ5 重ねるだけのチーズサラミ


BBQ GO!

お洒落な見た目で簡単にできるお手軽レシピ。写真に写っているビールとの相性も抜群ですが、もちろんドリンク片手にそのまま食べてもおいしい一品です。ちょっといいサラミやチーズを用意すれば、切って準備してる段階で楽しくなってしまいます。

レシピ詳細はこちら

バーベキューの絶対的な主役【肉料理レシピ5選】

バーベキューのメインイベントといえば、肉料理です。ここで、みんなをあっと言わせたいですよね。焼肉用の肉を焼くだけでも立派なバーベキューですが、漬け込んだり一工夫するといつもと違った雰囲気になりおもしろいです。

レシピ1 お子様にもおすすめなトロピカルグリル


BBQ GO!

一般的なスペアリブとは一風変わったレシピです。フルーツの酵素で肉が柔らかくなる効果が期待でき、甘酸っぱいトロピカルな味付けが食欲をそそります。このサイトに、スペアリブの焼き方が丁寧に紹介されているのでぜひご参考に!

レシピ詳細はこちら

レシピ2 前日に漬け込むバーベキューソースのスペアリブ


Rakutenレシピ

ご家庭にある材料で作ることができる醤油ベースのバーベキューソースのスペアリブです。前日に、ソースに肉を漬け込んで味を染み込ませましょう。オリーブオイルをいれることにより、お肉がカリッと仕上がるようです。

レシピ詳細はこちら

レシピ3 ヨーグルト漬けでやわらか牛肉


Rakutenレシピ

牛のステーキ肉を柔らかく食べるためにヨーグルトを使用したレシピです。ウズベキスタンの調理方法を参考にしてあり、玉ねぎスライスの酢漬けやクミンなどのスパイスとの相性がいいみたいなので、ぜひアレンジしてみて下さい。

レシピ詳細はこちら

レシピ4 気分はやきとり屋さん つくね串


Rakutenレシピ

つくね串を仕込んでくれば、BBQで食べることができちゃいます。串でやわらか触感なので、小さなお子様でも食べやすいですし、お酒のおつまみとしても最適です。つくねに焦げ目をつけて、ハケでたれを塗るのもやきとり屋さんみたいでおもしろいです。

レシピ詳細はこちら

レシピ5 ラムのBBQステーキ


cookpad

オーソドックスな牛豚鳥を外したラムステーキで、インパクトを与えるのはいかがでしょうか。ラム肉もBBQの雰囲気に非常にマッチする食材です。マスタードと白ワインを使ったソースで、いつもと違う印象を与えてみましょう。

レシピ詳細はこちら

バーベキューの雰囲気を盛り上げる万能選手【魚介料理レシピ5選】

バーベキューでは、お肉の他にえびやいかやほたてなどの海鮮も食べたくなってしまいますよね。焼いているときのあの海の香りがたまりません。脇役としてだけなく、メインになることもできるのが魚介のいいところです。

レシピ1 海老串にスモーキータルタルソース


BBQ GO!

炭火で焼いた海老に塩をかけて食べるだけでも十分美味しいですが、ソースをつくることによって別の料理へと早変わりします。このタルタルソースには、なんとスモークチーズが入っています。大人はもちろんのこと子供にも喜ばれる1品です。

レシピ詳細はこちら

レシピ2 タコのはちみつ焼き


BBQ GO!

こちらも、普通にタコを焼くだけではなくひと工夫してあるレシピです。焼きながら、醤油とはちみつを混ぜ合わせたタレを塗っていきます。あとをひく甘辛い味付けで、タコ好きにはぜひ一度食べていただきたい料理です。

レシピ詳細はこちら

レシピ3 定番!鮭のマヨネーズホイル焼き


Rakutenレシピ

バーベキューの定番の料理法の1つがホイル焼きですが、マヨネーズベースなので万人受けすること間違いなしの1品です。ホイルを開けるときのワクワク感がたまりませんね。生鮭だけでなく、塩を控えめにすれば甘塩鮭でもつくることができます。

レシピ詳細はこちら

レシピ4 さんまの缶詰でつくる土鍋炊き込みご飯


cookpad

さんまの缶詰と土鍋を使ってつくる炊き込みご飯で、事前に準備をしておけばその場で炊くだけでできてしまいます。缶詰なので準備は楽ですし、土鍋は100均で売っているので、見た目の豪華さに反してお手軽に安く簡単につくることができます。

レシピ詳細はこちら

レシピ5 魚が主役 アクアパッツァ


cookpad

バーベキューで、豪華でインパクトがある料理としてアクアパッツァがおすすめです。写真は鯛ですが、もちろんアジやサバなどの他のお魚でもつくれます。色どり豊かな野菜と一緒につくれば、味よし見た目よしのメイン料理の完成です。

レシピ詳細はこちら

バーベキューで野菜をおいしく食べよう【野菜料理レシピ5選】

肉や魚の他に欠かせないのが野菜です。一緒に食べてもおいしいですし、お肉をたくさん食べた後の口直しとしても活躍します。バーべーキューの彩りもよくなりますので、ぜひ取り入れてみてください。

レシピ1 簡単!アボガドの生ハムチーズ焼き


BBQ GO!

アボガドと生ハムとチーズの色合いがステキな一品です。作り方は、アボガドに塩コショウを振ってからふたをして弱火で焼き、最後に生ハムとチーズを追加して再度加熱して完成ととても簡単にできます。森のバターと生ハムとチーズの相性はバツグンです。

レシピ詳細はこちら

レシピ2 焼きシイタケのポン酢和え


cookpad

普通に焼いて食べてもおいしいシイタケですが、ポン酢と和えることによってさっぱりとした味わいとなり、口直しやお酒のおつまみとしても最適です。ポイントはしいたけを焦げ目がつくまで焼くことで、それにより香ばしさが増します。

レシピ詳細はこちら

レシピ3 お手軽!なすピザ


cookpad

相性バツグンのなすとトマトソースをバーベキューでお手軽に味わうことができるレシピです。切れ目を入れてピザソースを塗ってチーズをトッピングすればあっという間に洋風なす料理の出来上がりです。人気間違いなしのメニューです。

詳細はこちら

レシピ4 カレー風味・じゃがいものチーズ焼き


Rakutenレシピ

カレー風味の味付けを、ホイルを使ってつくる料理です。ホイルの中で材料を混ぜ合わせて、あとは包んでじっくり焼いて仕上げにバターを入れて完成です。じゃがいもとカレーとバター、もう言うまでもありませんがおいしいに決まっています。

レシピ詳細はこちら

レシピ5 肉を焼いているうちに焼き芋づくり


Rakutenレシピ

バーベキューコンロの炭を利用してつくるので、肉を焼いている間も楽しみ2倍レシピです。濡らした新聞紙でくるんださつま芋をアルミホイルでしっかりと包んで炭の中に投入します。新聞紙を濡らすことにより、中までしっとりした仕上がりになるそうです。

レシピ詳細はこちら

スポンサーリンク

バーベキュー後の至福の一息【デザート5選】

バーベキューを満喫した後は、デザートの登場です。たくさん食べてお腹いっぱいでも、食後のデザートは意識せずにはいられません。簡単にできるデザートを準備しておいて、最後までみんなに楽しんでもらいましょう。

レシピ1 果物をたくさん食べれるフルーツポンチ


cookpad

オレンジとレモンを絞った果汁にグラニュー糖を入れたシロップのフルーツポンチです。あとは、いちごやぶどうやりんごなどのお好きなフルーツを何種類か入れて完成です。あらかじめ冷やしておいて、よりおいしい状態で食べましょう。

レシピ詳細はこちら

レシピ2 おしゃれなデザート・スイカピザ


cookpad

スイカをピザのように盛り付けして食べるレシピですが、もうなんといっても見た目がおしゃれでみんなの驚きが見れること間違いなしです。自分好みにトッピングして、ぜひオリジナルスイカピザをつくってみましょう。

レシピ詳細はこちら

レシピ3 バターとはちみつたっぷり!焼きりんご


BBQ GO!

アウトドアの雰囲気にぴったりな焼きりんごです。輪切りにしたりんごの芯をくりぬいて、アルミホイルで包んだ状態でバーベキューコンロでじっくりと焼きます。バターとはちみつをたっぷりと入れておいしく召し上がってください。

レシピ詳細はこちら

レシピ4 チョコバナナケーキ


cookpad

加熱して甘みを増したバナナと溶けたチョコの組み合わせがたまらないお子様から大人までみんなが喜ぶケーキです。材料をアルミホイルで包んだ状態で、5~10分程温めます。仕上げにホイップクリームとココアパウダーをまぶして完成です。

レシピ詳細はこちら

レシピ5 焼きマシュマロサンド


cookpad

アウトドアの定番スイーツ焼きマシュマロをリッツでサンドしたかわいい見た目のレシピです。マシュマロの甘さとリッツの塩気がおいしさをより引き立てます。マシュマロを串でさしてバーベキューコンロで焼くのもこれぞアウトドアって感じです。

レシピ詳細はこちら

バーベキューのレシピ、まだまだあります。

キャンプの料理は映えるのがいい!【失敗しない映えレシピ】をご紹介!

2018.11.09

簡単バーベキューレシピ!いつものレシピにプラスワンのアイデアを!!

2018.11.07
スポンサーリンク

まとめ

  • 前菜はバーベキューコンロを使わずにさっとできるものをつくろう
  • 肉料理は漬け込んだり一工夫していつもと違う雰囲気をつくるのもおもしろい
  • 魚介は主役も脇役もこなすことができる食べておいしい万能選手
  • 野菜はバーベキューの彩り担当で、口直しにも最適な食材
  • デザートを作って最後までみんなに楽しんでもらおう

アウトドアの定番料理から変わり種までいろいろとありますが、簡単につくれるレシピを中心に集めてみました。いつものバーベキューとは一味違った料理を、簡単レシピでつくってみんなを喜ばせましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です