バーベキューを最後まで綺麗に!片づけを考慮した道具選びと仕込みを

バーベキューと聞いてどのような光景が浮かぶでしょうか?
気持ち良い天気の下、楽しくおしゃべりしながら具材を仕込んだり、準備したコンロでいざグリル。お肉の脂が炭で焦げて、その香りがいつまでも余韻のように漂います。子供達も焼けるのを楽しみながら眺めています。

しかし、どのようなイベントを過ごすにも必ず締めくくりとして通過しなければならない、片付け。今回はバーベキュー料理を堪能する心得などではなく、どれだけラクに後片付けができるかのご紹介をしていきます。

スポンサーリンク

荷物を減らす!バーベキューの便利道具

バーベキューする!

未来に楽しいことが待ってるって、ため息が何度も漏れるくらい幸せなことですよね。それがバーベキューならなおの事です!家族で行うなら、冷静にバーベキュー後の顛末を考える自分と、「これからバーベキュー!」という喜びと興奮を隠せない家族。双方の感情の温度差があります。

そう、バーベキューには準備と片付けがあります。準備やバーベキューしている時は楽しいけれど、いざ片付けるとなると結構気分が憂鬱となりますよね。

それでも楽しもうとする人たちの気持ちを踏みにじらず、そして最重要事項であるあなたの溜息を極力減らし、気持ちの負担を出来うる限り減らす便利アイテムをご紹介させていただきます!

荷物を減らす!バーベキューの便利道具【バーベキューコンロ】

やはり大人数用が焼きやすい!(少人数用も当然あります)

荷物を減らす!バーベキューの便利道具【備長炭】

バーベキューといえば炭です。そしてお得という魔法の言葉につられる方は多いと思います。たくさん量もあり、使う分だけ持ち運べばやはりお得商品となります。

 

荷物を減らす!バーベキューの便利道具【バーベキューツールセット】

初心者にはありがたい!気遣い満点のセット売りです。これは炭の追加や火加減の調整などで使用する炭バサミ・軍手など便利なツールがセットになっています。

 
 

後に分かりますが、これらの道具は別の店などで購入することはあれど、今回のテーマとしてどうしても当然の荷物になってしまう道具となります。

バーベキューに最低限必要な道具

最低限必要な道具

BBQのメインである焼き場

   ○BBQコンロ ○木炭 ○着火剤 

   ○チャッカマン ○軍手 ○木炭ばさみ ○うちわ

  ☆具材の準備用道具

   ○テーブル ○クーラーボックス ○まな板 

   ○包丁 ○お皿 ○コップ ○トング 

   ○アルミホイル ○食器

  ☆その他雑貨

   ○ゴミ袋 ○チェア ○必要な方は日焼け止め 

   ○サンシェードのような日よけ ‥等

バーベキューを楽しむために、これだけは用意しておきたい道具を一通りまとめてみました。
ご覧の通りかなりの大荷物+アルファ!

 

お洒落な方やセンスのある方は、雰囲気作りの小物や雑貨が

 

BBQにこだわる方は、更なる大道具や特殊な具材の調理器具を

 

子供が居れば遊び道具もたくさん!

スポンサーリンク

ラクに片付け!バーベキューの便利道具

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、準備もちろん一番BBQで難儀な作業、それは片付けです。

道具一覧を見る限り、おしゃれを重視しすぎると持ち帰った後の洗い物がたーくさん。冷静に考えると、外で楽しんだ後で洗い物。さらに家に到着した後に、疲労実感中の後の洗い物。この憂鬱感を半減させるには、出来る限りの物は使い捨てにする事が必須となります。

しかし使い捨て。そう聞くと雰囲気低下の紙皿やプラスチック食器など、気にしない人はそれでいいでしょうが、お洒落な物でバーベキュー環境を素敵に彩りたいですよね。使い捨て食器でも、雰囲気を損なわないおしゃれなアイテムがあるんです!

【バーベキューの便利道具】使い捨ての定番をお洒落に

食器類一式

 

使い捨て商品なのにこのクオリティはすごいですよね!ご覧の通り全てが使い捨て。終われば捨てることができ、さらに見た目がおしゃれ。これはあくまでも一部の商品ですが、まだまだ探せば捨てるのがもったいない程の商品が見つかります!

【バーベキューの便利道具】保冷・保存に!行きも帰りもフル活用

クーラーボックス

今の時代、夏場の水分補給、保冷材の利用はもはや健康に関わる重要事項です。食材に気を掛けると同様に、ここにも最良の気遣いをしましょう。

荷物を運ぶ際、物にもよりますが食材とドリンク類を入れるボックスを分けたとして、最低二つは必要になってきます。夏場、暑い日などは水分が多めに必要になるので、ボックスは増えて当たり前です。

「水は多めに」

安全のため、この標語のような言葉を肝に銘じておきましょう。また、熱中症対策グッズも忘れずに!

補足

人数にもよりますがクーラーボックスは増えます。しかしあまり増やしすぎると別の意味で荷物の山となってしまいます。入れるものを考慮して、最低必要数を見出しましょう。 

○飲料とは別に、火消し用、手洗い用などの水を用意しておくと便利です。大きいペットボトルなどに入れておくと、帰る前に残った水を捨て、ペットボトルはゴミとして処理できます。

○串刺し物やホイル焼き類などは、具材を切り分けるなどの下準備をしてクーラーボックスに入れておけば、後は火を入れるだけでよくなります。下準備をすることで包丁、まな板類などの調理器具は不要となります。それでも何かを切るのでしたら、キッチンバサミ一つあれば、ある程度の物はサクサク切れます。

どうです?持ち帰って片付けする物がかなり減ったのではないでしょうか。

【バーベキューの便利道具】忘れがちな物・季節により必要な物

畳める製品等

ちょっとした小物


12本骨折り畳み傘 外出旅行耐風傘 折りたたみ ワンタッチ自動開閉コンパクト傘―晴雨兼用 男女兼用 シンプルなデザイン 日傘 折りたたみ傘 Ruxy Humy (グレー)

さらにこのような物も

もうここまで来れば、なんでもありのこの時代ですね。バーベキューよりも、道具集めの方が楽しくなってしまいそうですが、お財布のほうの気遣いも忘れない様に!
 

どうでしょう。ある程度の物は可燃ゴミとして処分でき、折り畳み製品はコンパクトに。ゴミはゴミ袋。行きはみっしり、車にボックスに詰めて、帰りはいつでも捨てられる状態で家路について、多少気楽になったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

  • バーベキューを楽しむために荷物は最小限に!
  • 楽しく過ごすために最低限必要なもの
  • バーベキュー後のより良い片付けの為に

バーベキューは楽しい娯楽の一つです。楽しい事も大切ですが、誰かは終わった後の事を考えている筈です。参加者全員の気遣い、最後までバーベキュータイムを楽しく綺麗に終える事により、全員が全員、次も行きたいと思えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です