コテージでもバーベキューがしたい!関東エリアおすすめコテージ7選

旅行するとき、どんなところに泊まるかってとても重要な要素ですよね。今私の中で密かに来ているのがコテージ。調べれば調べるほどお手軽で便利なんですよねー

今はコテージといっても多種多様で、それぞれペット可だったり温泉付きだったりと個性的な場所も多くありますが、今回はコテージの近くでバーベキューができる施設を地域別にご紹介します。

スポンサーリンク

バーベキューのできるコテージのメリットって?

キャンプを初めようとした時に「テントを張るのってなんだか大変そう」「キャンプするのにテントに寝袋、バーベキューコンロに・・・って用意するもの多すぎて財布がペラペラになっちゃう!」という思いをした方、私です。

ミカコ
テントとかバーベキューコンロって一生ものだけど、一気に集めようとすると大変だよね~
友人
キャンプ道具が十分じゃないなら最初はコテージで始めてみたらどうかな?
ミカコ
コテージ?でもコテージって棟の中にあるキッチンで料理するイメージだったんだけど
友人
場所によっては、それぞれの棟にバーベキュースペースが設けられてたり、バーベキューのできる広場が併設されてるところもあったりするから調べてみなよー

友人の言われるがままに調べてみると確かにたくさん出てくる。今はインドア派やキャンプ初心者にも手軽にできるように道具の貸出やご飯の食材の準備までしてくれるようなところもあったりいたれりつくせりです。

そもそもコテージとはなんぞや?という方のために軽くおさらいをしておくと

コテージとは

1グループ1棟で泊まる宿泊施設。

その棟の規模によっては、部屋が複数あったりと大きさは様々なので、泊まる人数によって部屋の大きさを決める必要があります。大人数で泊まることも可能で、場所によっては10人以上泊まれるような施設もあります。

冷暖房・ベッド・キッチン・バス・コンセントなどの便利な設備が備えらた施設です。

と言ったような施設です。なので、

アウトドアサークルの姫
うふふ、私くらいの人気者だとたっくさんボーイフレンド連れてくことになるから~、やっぱ人数入るところじゃないとね!

汗かくからお風呂は必須よね!寝袋?あたしベッドじゃないと寝れなーい。

あ、SNS更新しなきゃだからもちろん電気のあるところでね!

なんて姫のわがままも叶えてくれるのがコテージの魅力なんですね。

あ、私は姫でも何でもない庶民なので寝袋でも寝れます。はい。

ミヤビくん(夫)
ミカコちゃんは僕だけのお姫様でいいんだよ
ミカコ
ミヤビ君・・・(キュン)お小遣い増やしてあげる。
キー坊
(ちょろい・・・)

話が脱線しましたが、つまりコテージは自宅とほぼ変わらないほどの設備が整えられた宿泊施設になるので、キャンプ初心者の人には手軽に自然を感じられる宿泊施設なんです。

おまけにキャンプに必要なテントや寝袋、調理器具や照明といったものの準備もほとんどせずに済むので、ちょっと自然とふれあいたい、いつもの旅行とは違った雰囲気を味わいたいという方も気軽に行えるのがいいところなんです。

ただ、普通のコテージだと「せっかくアウトドアに来ているのに部屋の中で食事をするのもな・・・」「こんな自然の中にいるんだから外でバーベキューができたら最高なんだけんどな~」と思われる方も多いかと思います。

そこで出てくるのが、バーベキュー施設を備えたコテージになります。

施設により様々ですが、コテージのすぐそばでバーベキューが出来るところやバーベキュー場まで出てバーベキューをするところなどあるので、その一部ですがご紹介していきます。

ミカコ
私の行きたいところの覚書とも言う。

コテージ、ログキャビンについてもっと知りたい!という方にはこちら

キャンプデビューはコテージで!失敗しないキャンプデビューのススメ

2018.11.13

キャンプにおける心得・宿泊はやっぱりログハウスが気楽で心地いい

2018.10.07

自然の中でバーベキューができるコテージ3選

農園リゾート THE FARM(千葉県)

千葉県大栄インターチェンジより車で20分/助沢インターチェンジより車で15分位の場所にありますが、車で訪問できないときは送迎もしてくれるようなので、車の運転が心配、と言うペーパードライバーな方でも安心ですね。

こちらでは、ザ ファームバーベキューという施設があり、そこでバーベキューを楽しむことができます。バーベキュー場は開けた芝生の上にあり開放感抜群です。屋根もついているので天候が悪くなっても濡れる心配なくバーベキューを楽しむことができます。

本格的なダッチオーブンも備わっているので、いままで挑戦できなかった料理に挑戦してみてはいかがでしょうか?バーベキューの準備が大変という方には手ぶらバーベキューのプランもあるので、気軽にできるのがいいところですね。

ミカコ
ダッチオーブンのレシピはこちらで紹介中です~

ダッチオーブンのレシピは簡単!!誰でも使える万能鍋ですよ~

2018.10.29

併設された施設の中にはオープンデッキのカフェや天然温泉のもあるので、アウトドアのみならずいろいろな楽しみ方が出来るのもいいところです。

宿泊プランは8000円から、ペットと泊まれるプランや収穫体験ができるプランもあります。

ミヤビくん(夫)
フリーWi-Fiがあるのはなかなか珍しいね
ミカコ
アウトドアにフリーWi-Fiは賛否が分かれそうだけど、これも時代の流れだと思うわ、SNSしやすいのは若者にとってもありがたいと思うし。海外の人も利用しやすいものね。

付帯設備

各棟部屋設備 テレビ・冷蔵庫(冷凍庫付き)・ドライヤー・個別空調・スリッパ・セミダブルベッド2つ・和ふとん2つ・サーキュレーター・加湿空気清浄機・ホットカーペット
アメニティ フェイスタオル・バスタオル・ハブラシセット
※寝間着類の用意はないため各自準備が必要
備え付け調理器具・食器 コーヒーカップ・グラス・食事プレート(丸形)・スープボウル(小)・箸・スプーン・フライパン・片手鍋・やかん・ボウル・ざる・まな板・包丁・お玉・フライ返し・菜箸
※炊飯ジャー・鍋(大)・ピーラー・ワイングラス等の貸出もあるようですが、数に限りがあるとのことなので、希望時は事前に確認が必要
コテージ全体設備 Free Wifi環境

  • THE FARM(公式HP
  • 〒287-0103千葉県香取市西田部1306-11
  • TEL:0478-79-0666
  • チェックイン15:00 (最終チェックイン:20:00) / チェックアウト11:00
  • 料金:8,000円~

長瀞オートキャンプ場(埼玉県)

花園インターチェンジから車で約20分の場所にあるファミリー向けのキャンプ場です。こちら、名前こそオートキャンプ場と付いていますがオートキャンプ場だけじゃない!実はオートキャンプ場も兼ね備えている傍ら、グランピング・バンガロー施設が40棟以上も併設されているんです。

各グランピングルームに屋根付きのバーベキュースペースもついているので、お昼時でバーベキュースペースがいっぱいで場所取りが大変だった!なんて心配もありません。

近くには荒川もあり、夏場は水遊びを楽しむこともできますし、水遊びで汚れてもシャワールーム、ランドリーも完備されているのですぐに体も洋服も洗えるのが助かりますね。

またほかにはない特色として、おむつ替え&授乳室があるのもポイントです。ほかの施設ではなかなか見られませんが、ここがあるだけで小さい子どもがいるお母さんからしてみると大助かりですよね。

料金は18000円からになりますが、シーズンによって変動したり、別途で施設利用料(大人500円、子ども300円)かかるので、予約の際は注意が必要です。

ミカコ
長瀞オートキャンプ場の運営・管理者はなんと女性の方とか。だから授乳室とかシャワー室とか、女性に嬉しい施設がバッチリ揃えられてるんですね~
ミヤビくん(夫)
ママグループやうら若き乙女でも利用しやすいのは魅力的だね
各棟部屋設備 ベッド エアコン トイレ 洗面台 洗面用具、寝巻きなどは各自準備が必要
野外炉 BBQテラス

  • 長瀞オートキャンプ場(公式HP
  • 〒369-1312 埼玉県秩父郡長瀞町大字井戸559-1
  • TEL:0494-66-0640
  • チェックイン14:00~17:00 / チェックアウト8:30~11:00
  • 料金:16,000円~(シーズンにより上下あり、別途施設使用料あり)

赤城山オートキャンプ場(群馬県)

関越道赤城インターチェンジからおよそ30分の位置にあるオートキャンプ場です。赤城山の山間部に位置しているためインターチェンジから距離がありますが、その分自然はたくさん!野生の鹿やたぬきにも遭遇するほどだとか。

毎月土日祝日はビンゴや群馬の特産豚を使ったソーセージの手作り体験などの催しもやっているので子どもも楽しめます。

ミヤビくん(夫)
ソーセージいいねぇ・・・出来たてのソーセージを片手にこうキューっと
ミカコ
大人が楽しんでどうするのよ・・・

キャンプ場外には渓流も多いので、それを利用した釣り堀や、アスレチック施設などもあるので、チェックインする前に楽しんで、釣ったばかりの魚をバーベキューで楽しむこともできます。

桜の時期には、すぐ近くにある赤城千本桜も壮観なのでぜひ見て欲しいスポットですね。

付帯設備(キッチンキャビン)

屋内設備 冷暖房エアコン、混合水栓、冷蔵庫、トイレ、電源コンセント、屋内照明、2段式寝床、マットレス(4名目安)

※浴室はないため、共同のシャワースペースの利用が必要(無料)タオル、洗面用具などは準備が必要

屋外設備 屋外イス付きテーブル(4人がけ)、屋外照明※バーベキューコンロ・キッチン用具の設置はないため自前かレンタル(4000円~)が必要

タープ設営:約50㎡
駐車スペース:1台分

  • 赤城山オートキャンプ場(公式HP
  • 〒371-0247 群馬県前橋市三夜沢町425-1
  • TEL.027-283-8368
  • チェックイン14:00~17:00 / チェックアウト9:00~11:00
  • 料金:12,000円~(シーズン・人数により上下あり)

大人数でも大丈夫!バーベキューのできるコテージ3選

ログコテージ フィンランディア(栃木県)

東北自動車道那須インターチェンジより約10分の場所にあります。那須といえば那須御用邸でお馴染みの避暑地として有名ですが、夏以外も紅葉や雪景色など四季折々の景色が楽しめます。

2~4人まで収容可能なタイプと最大12人まで収容可能なタイプの棟の2種類があるので、泊まる人数で部屋を選べます。もちろんバーベキュースペースも各棟に併設されており、車もコテージの脇に止められるので、荷物を短距離で運び込めるので大荷物でも楽に運び込めます。

こちらのコテージの特殊なところがオフシーズンには連泊割引がきくところなんです。プランも多彩なので、それぞれに合ったプランで泊まれるので安くすむのも助かりますね。

キッチン 冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、電気ポット、ホットプレート、オーブントースター、まな板、卓上ガスコンロ、お玉、なべ各種、包丁1本、へら等、フライパン、お皿、フォーク、スプーン
館内設備 テレビ、エアコン、ストーブ
衛生用品 ドライヤー、ボディソープ、リンスインシャンプー、貸しタオル、バスタオル(有料 : 1枚…110円
寝具 寝具類一式、浴衣(有料 : M・Lサイズ : 1枚…220円)

ミカコ
見てみるとやっぱりグループで使ってる子が多いみたい。
ミヤビくん(夫)
友達同士や家族ぐるみで行く場合なんかは良さそうだね!
  • 那須ログコテージ フィンランディア(公式HP
  • 〒325-0304 栃木県那須郡那須町大字高久甲5751-4
  • TEL:0287-64-2920
  • チェックイン15:00 / チェックアウト 10:00
  • 料金:9,700円~(シーズンにより上下あり、別途設備費あり)

大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラ(茨城県)

東北自動車道宇都宮インターチェンジから車で50分の位置にある緑豊かなオートキャンプ場です。自然の中で遊べるのはもちろんですが、フォレスパ大子という併設された施設では、通年で楽しめるバーデルハウス(室内プール)と夏季に楽しめるだいごビーチ(屋外プール)があるので、プールも楽しむことができます。

その他、アスレチックや運動場も併設されているので大人も子供も夢中で遊んじゃうこと間違いなし!なキャンプ場になっています。

時期によって様々なイベントも行っているので何度行っても飽きないキャンプ場です。

最大12名まで宿泊可能なグループキャビンもあり、車も一棟に一台横付け可能なので荷物の運び込みもらくらくです。野外炉はありますが、鉄板は貸出、網は販売になりますので要チェックです。

キー坊
プール!ここ行こうよ!
ミカコ
バーデプール(健康増進浴)なんてのもあるのね・・・歩行浴にハーブ浴!?やだーますます綺麗になっちゃうわね。

付帯設備(グループキャビン)

キッチン 洗剤、スポンジ、布巾、オーブンレンジ、冷蔵庫
炊飯器(一升炊き)、鍋セット(深鍋×2、片手鍋×1)
調理セット(金ザル、ボウル、まな板、菜ばし、包丁
果物ナイフ、お玉、しゃもじ、栓抜き、計量カップ)、
洋食器セット、ポット3L
寝室大部屋 洋室16帖、ベッド×4台、エキストラベッド×1台
1F寝室 和室10畳、敷布団、毛布、掛布団、枕を5組分
寝室小部屋 洋室6帖、ベッド2台
2F寝室 ベッドパッド、枕、毛布、掛布団、シーツ類を各7組分
バスルーム アメニティ類はないため各自準備が必要
野外炉 野外テーブル、炭処理具 鉄板はレンタル・網は販売

https://www.instagram.com/p/BnyEFdKBSvQ/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

  • 大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラ(公式HP
  • 〒319-3552 茨城県久慈郡大子町矢田15-1
  • TEL:0295-79-0031
  • チェックイン15:00 / チェックアウト 10:00
  • 料金:18,700円~

高級貸別荘 翠黛郷【栃木県】

那須サファリパークからほど近い立地にあるこちらのコテージ、なんとなんとこちら天然温泉かけ流しの貸切露天風呂が利用できるコテージなんです。

2人から利用できる温泉付きコテージから最大12人まで利用できるグループ向けコテージまで6棟あります。コテージ数は少ないですが、その分利用する方の人数も少なくなるので静かに自然を楽しみたい大人カップルの方にはおすすめですね。

各棟にバーベキュー炉が完備されているほか、庭園に備えられたバーベキュースペースは日本庭園風に手入れされていて、季節の草花を見ながら一味違ったバーベキュ-体験ができること間違いなしです。

さらに、こちらのコテージ、水谷豊さん主演の大人気ドラマ、『相棒』で控え室として使用されていたり、犯人を追い詰めるシーンなど撮影に利用されていたそうなんです!!

引用:翠黛郷より)相棒SeasonⅤ【第4話せんみつ】にて、背景に見える扉は椿のお部屋ですね!

相棒の再放送見まくっている私ですが、まさか舞台に使われていたコテージを発見してしまうとは・・・相棒好きの方は是非聖地巡礼に伺ってみるのもいいかもしれませんね。

ミカコ
相棒は亀ちゃんがいた頃が一番よね~
ミヤビくん(夫)
いろんな方向に喧嘩売るような発言はヤメテ・・・相棒はどのシリーズも面白いですよ!

付帯設備(天然温泉付き 白樺)

システムキッチン 電子レンジ、炊飯器、冷蔵庫、調理器具、食器、ガス3口
リビング 6インチテレビ、DVDデッキ、MDコンポ、暖炉
ウォシュレットトイレ 1F・2Fに各1つづつあり
2F洋室(6畳×2部部屋) セミダブルベッド1台
2F和室(10畳) 42インチテレビ
浴室(天然温泉) 洗濯機・乾燥機 レンタルバスタオル300円、浴用タオル(販売)100円、レンタル浴衣500(アメニティなどは各自で準備しておくと安心です)
2Fテラス ミニ露天風呂・足湯(夏季限定
屋外設備 冷蔵庫・流し台付BBQ棟(10畳)

  • 高級貸別荘 翠黛郷(公式HP
  • 〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本656-1
  • TEL:090-7419-0540/029-841-0961
  • チェックイン15:00 / チェックアウト 10:00
  • 料金:30,000円~

ちょっと変わったサービス?!コテージおすすめ2選

キャンプアンドキャビンズ那須高原(栃木県)

東北自動車道那須インターチェンジから約7分の場所にあるこちらのキャンプ場はアメリカンテイスト漂うキャンプエリアが広がっています。オートキャンプ場からコテージまで幅広く対応しているので初心者でも行きやすいのが魅力的です。

露天風呂、ランドリーの他、エステ施設なんてのもあり、子供向けに遊具や図書館、DIYクラフトや料理教室などの毎日イベントも開催しているので親子で楽しめる施設になっています

ミカコ
ミヤビくんにキー坊を見てもらってる間、エステでリフレッシュってのもおつなものね~
ミヤビくん(夫)
DIYクラフトでできるパパってところを見せてやろう!

またこちらのキャンプ場の変わったところとが、金・土・日・祝祭日前日・GW・夏休みは『キッズキャンプウィーク』と題して子供イベント開催のため「子連れ家族」「大人2人」のみの利用に限定されているんです。

大人だけのグループを限定してメリットがあるの?と思われるでしょうが、きちんと理由があるそうで、子どものためのイベントを撮り進めることもありますが、大人だけのグループでキャンプとなると遅くまで火を焚いていたりお酒を飲んでいてどうしてもにぎやかになってしまい、子どもがなかなか寝てくれない!(そうでなくてもキャンプしてる時の子どもって寝ないですよね)ってなってしまいますよね。

そのほかにも子どもが他のキャビンの人に迷惑をかけてしまうんじゃないか・・・共同施設で迷惑になるんじゃ・・・と気をもむ親って多いと思うんです。

そこで親子連れなど利用客を限定することで同じ親同士勝手がわかるのもあり、気兼ねなくキャンプを行うことが出来るんですよね。

『うちの子は暴れん坊将軍・姫であっちこっち行って気が休まらないわ・・・』というお母さんにはおすすめのキャンプ場です。

キー坊
僕は分別のある子どもだから、キャンプもお上品に楽しみますよ?
ミカコ
この厚かましさ・・・誰に似たのかしら

付帯設備(コテージ)

室内 コンセント、冷暖房エアコン、寝具(ビニルマットレス3枚・毛布3枚(冬季6枚)枕3枚、シーツ3枚)、ダイニングテーブル
ロフト 寝具(ビニルマットレス3枚・毛布3枚(冬季6枚)枕3枚、シーツ3枚)
キッチン IHコンロ、冷蔵庫、電気炊飯器、ガスヒーター、食器6セット、鍋(大小)、やかん、フライパン、ざる、ボウル、おたま、フライ返し、包丁、まな板、アウトドア洗剤、布巾、スポンジ、栓抜き、皮むき、トング
浴室 トイレ、シャワー(石鹸・シャンプー・タオル等はないため準備が必要)
バーベキューデッキ ハンモックフック、デッキ照明、野外コンセント、BBQグリル別途鉄板の用意が必要)

  • キャンプアンドキャビンズ那須高原(公式HP
  • 〒325-0001 栃木県那須郡那須町高久甲5861−2
  • TEL:0287-64-4715
  • チェックイン14:00~17:00(金曜日は20:00まで) / チェックアウト 11:00
  • 料金:22,000円~ ※18歳未満の子どもは無料

パディントンベア・キャンプグウランド(神奈川)

ミヤビくん(夫)
パディントンベアってあのパディントン?
ミカコ
あのパディントンですねぇ

こちらのパディントンベア・キャンプグラウンドは相模湖リゾートプレジャーフォレスト園内にあるキャンプ施設になります。

遊園地エリア、クッキングガーデンの他に温泉やイルミネーションも楽しめるキャンプ施設としてはかなり遊びに重きを置いた、とにかく遊びつくしたい人におすすめなキャンプ施設になっています。

昼間は遊園地で遊んで昼はクッキングガーデンで手ぶらバーベキュー、夕飯はコテージのウッドデッキでいただく。夜はさがみ湖イルミリオンを楽しんだら温泉で体を暖めてゆっくり眠る。なんて遊び通しプランも可能なんです!

ミカコ
しかもここ、宿泊プランに遊園地のチケット付きのお得なプランとかいろいろあるんですよ~
キー坊
全部行きたい!全部行こーよー
ミヤビくん(夫)
(疲れて動けなくなったキー坊を抱えるのは僕なんだよねぇ)

また、ワンちゃん連れにも嬉しいことに、ログキャビンにドッグランがついたタイプのものもあります!

ミカコ
すごい広い。ログコテージと同じくらい広いんじゃないかしら?
ミヤビくん(夫)
これだけ広ければ大型犬でものびのび遊べていいねぇ。

ワンちゃんも連れて行きたいけどキャンプ中ゲージの中は窮屈でかわいそう・・・とアウトドアに挑戦できなかった人も心置きなく行けるのは嬉しいですよね。

付帯設備(ログキャビン・デラックス キッチンデッキ付き)

屋内設備 エアコン、冷凍冷蔵庫、ウォシュレット付トイレ、洗面台、電気炊飯器(5合)、電気ポット、2段ベッド、寝具( 敷布団・シーツ・枕・枕カバー・【夏期(7月~9月)】タオルケット【夏期以外】羽毛布団・タオルケット )洗面用具・タオルなどは各自で準備が必要
屋外設備(屋根付きウッドデッキ) ガス式BBQコンロ、ウッドテーブル・チェア・流し台(宿泊プランにより別途BBQコンロ使用料(520円)がかかるので要チェック)

  • パディントンベア・キャンプグラウンド(公式HP
  • 〒252-0175神奈川県相模原市緑区若柳1634番地相模湖リゾートプレジャーフォレスト内
  • TEL:042-685-0917
  • チェックイン14:00 ~ 16:00 / チェックアウト 10:00
  • 料金:13,500円~(シーズンにより上下あり)
スポンサーリンク

コテージの予約の前に!あると便利なグッズ紹介

ミカコ
よーし!いきたいところに目星もつけたし後は連休を取ってコテージの予約をするだけね!
アウトドアの女神
ミカコ・・・ミカコ、私の声が聞こえますか?まだ予約の時ではありませんよ・・・。
ミカコ
ハッ!アウトドアの女神さま?!その時ではないというのはどういうことでしょう。
アウトドアの女神
コテージは確かに備品が用意されていて手ぶらでも楽しめます。しかし用意を怠ればそこにあるのはがっかりアウトドア・・・できる嫁、できる母を演出するのは常に先を行き必要なものをそっと用意する奥ゆかしさとしたたかさなのです・・・。
ミカコ
な、なるほど・・・しかし何が必要なんでしょうか。
アウトドアの女神
それは自分で考えるのです。あなたの素敵なアウトドアライフを応援していますよ・・・。
ミカコ
め、女神さまー!
ミヤビくん(夫)
(さっきから誰と話してるんだろう・・・)

女神さまの助言もありましたが、インスタを見たりしていると感じたのが『夜バーベキューをしていると光源が物足りない気がする。』んですよね。

テントを張ってキャンプとかであれば、焚き火がそのまま光源になるのですが、バーベキューデッキでバーベキューをすると光源が備え付けの屋外用のライトのみになってしまうので結構暗いんですよね。

手元が暗いと何食べてるのかわかりづらくて味わいも半減するし、友人や子どもの顔もわかりにくくなりますよね。

その他にも、場所によっては備え付けのキッチングッズにばらつきがあったり、意外と備えられていないのが洗面用具だったんですよね。

なので、コテージに宿泊するときでも、これを持って行っておくと活躍できるアイテムをご紹介していきたいと思います。

コテージ泊でも持って行って損はない!【ランタン】

バーベキューデッキって見てみると備え付けの光源がちょっと弱くて薄暗い印象があるんですよね。せっかくみんなで夕飯バーベキューしてもこれじゃあ記念写真の一枚も取れやしない!となると悲惨ですよね。

予備にランタンをいくつか持っていけば、ちょっと夜道を歩くときにも使えるので、便利ですよ。

ミカコ
ちょっと古風だけど北欧風のアクアブルーのカラーがとっても乙女心をくすぐるわ!

こちらのランプはオイルランプ型で雰囲気抜群。光の調節は2段階で可能なので外ではメインの明かりとして、就寝前には枕元に置いて間接照明としても利用可能です。

LEDライトなのでやけどの心配もなく、光の強さもバッチリ。カラーバリエーションも5種類と豊富なコスパの高い商品です。

コテージ泊でも持って行って損はない!【タオル】

ミカコ
見落としがちな必需品『タオル』
ミヤビくん(夫)
大概のコテージでは準備が必要か、有料レンタルになるからこれは多めに持って行ったほうが安心だね。

よくよく考えてみればそりゃあ歯ブラシとかタオルとか、自分しか使わないようなものって持っていかなきゃですよね。でも、『手ぶらでオッケー』なんて書かれちゃえばそりゃあ手ぶらで行っちゃいますよね(あら?私だけ?)

特にタオル(バスタオル・ハンドタオル)類は子どもが汚したり何かをこぼしたりした時に活躍するので、たくさん持って行って損はないです。

コテージ泊でも持って行って損はない!【バーベキューグローブ】

ミカコ
バーベキューするっていうのにうっかりしてたわ!
ミヤビくん(夫)
バーベキューに必要な小物は意外と忘れやすいから要チェックだね。

今や手ぶらバーベキューなるものも多いので、準備になれてない人が忘れやすい軍手。

なくてもなんとかなるんじゃない?と思いますが、あればアツアツの串や鍋も掴めますし、片付けも怪我なくサクサクできるのでやっぱりあったほうがいいものですね。

バーベキューの際にはその他にも、調理道具や食器用洗剤、スポンジ。ゴミ袋や調味料など意外と見落としやすいポイントが多いので、予約をしたいと思ったコテージを見つけたらコテージに備え付けられているものをよく確認してから準備したほうが良さそうです。

コテージ泊でも持って行って損はない!【寝巻き】

ミカコ
女子旅には必須ね!パジャマ女子会は恋バナとか恋バナでテンション上がるのよね~
ミヤビくん(夫)
こっ、恋バナですと?!(ガタッ)
ミカコ
ちなみにママ友同士のパジャマ女子会は日々の鬱憤と愚痴があふれるキラキラとはかけ離れた世界なのです。

こちらもお泊りには必須アイテムになりますね。キャンプと違い、コテージ泊は冷暖房の効いた場所で寝泊りすることになるので、機能性よりも見た目を重視しても大丈夫なのが女子には嬉しいポイントですよね。

ただ、寝冷えしないように薄すぎない寝巻きを準備して行きましょうね。

スポンサーリンク

まとめ

  • バーベキューのできるコテージのメリットは、キャンプ道具を揃える必要なくバーベキューができること!
  • 農園リゾート THE FARMと長瀞オートキャンプ場、赤城オートキャンプ場は自然の中でバーベキューができる!
  • ログコテージ フィンランディア、大子広域公園オートキャンプ場、翠黛郷のコテージは10人以上の大人数でも大丈夫!
  • キャンプアンドキャビンズ那須高原とパディントンベア・キャンプグウランドはちょっと変わったサービスが魅力的な変わりダネコテージ!

アウトドア初心者でバーベキューの準備はなかなかハードルが高いと感じられている方にもきっと満足いただけるようなコテージを紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

バーベキュー初心者以外にも、子どもがいて準備が大変、準備の手間を減らして思いっきり遊ぶ方に時間を使いたい!という方にもバーベキューデッキのあるコテージはおすすめなのでぜひ楽しいアウトドアの思い出を作ってください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です