グランドシートでキャンプをもっと安心に!選び方やおすすめは?

キャンプに行けば、地頭が良くなり、心身ともに健康になる物凄いメリットがあります。

そしてキャンプの居心地は道具で決まっちゃいます。

皆さんが素晴らしいキャンプを経験して、キャンプにしっかりハマれるように、優れた道具選びのコツとキャンプのメリットを徹底的に掘り下げました↓

→キャンプ道具で居心地はかなり違う!グッズ選びのポイントと注意点

キャンプをしよう!そう思い立ったとき、みなさんはどんなアイテムを用意しますか?テントや寝袋、テーブルに椅子…とにかくいろいろありますね。

よく忘れられるキャンプグッズの一つがグランドシートです。ちょっと存在感が薄めなグランドシートですが、実は快適なキャンプを支える重要な役割を担っているのです。

これを読めばグランドシートがよく分かる。あるとないとでは大違いなグランドシートの役割を徹底解説します。

スポンサーリンク

グランドシートはなぜ必要?

コールマン公式HP

本格的にテントを張って楽しむキャンプ。冒険心がくすぐられてワクワクしますよね。奮発してちょっと高価なテントを購入した、という人もいるのではないでしょうか。

ミカコ

お店で一目惚れして買っちゃったわ。

せっかく手に入れたお気に入りのテント。できるだけ汚さずに、長く大切に使いたいですよね。

そこで活躍するのが、テントの下に敷いて使うグランドシートです。

ミヤビくん(夫)
へぇ、そんなものがあるんだ。

グランドシートって聞いたことないけど、わざわざ買ってまで必要なの?という疑問を感じる方もいると思います。

結論から言うと、グランドシートは絶対あった方がいいです。

グランドシートで大切なテントを守る

テントは屋外で使用するものなので、多少の傷や汚れはつきものですよね。地面にゴロゴロ転がっている石や枝の上にテントを敷けば、どうやってもテントは傷んでしまいます。

買ったばかりのテントに穴が開いてしまうことも…。

ミヤビくん(夫)
気を付けているけど、仕方ないよね。

いえいえ、あきらめてしまうのはまだ早いですよ!

テントの傷や汚れを防ぎたいなら、グランドシートを敷くのがベストです。

テントの下にグランドシートを1枚挟むだけ。たったこれだけの手間で、テントが固い石や枝に直接当たることを防ぎます。破損が心配だったテントも安心して設置できますね。

お気に入りのテントを守ってくれるグランドシートがあれば、もっとキャンプを楽しめそうだと思いませんか?

クッション性がしっかりしている商品もあるので、テントの寝心地もさらに良くなりますよ。

雨が降っても心配ご無用

キャンプをしていて、急に雨が降ってきた!ということもありますよね。

テントにも防水性がありますが、雨量の多い日や水はけの悪い場所だと浸水してしまう可能性が。

テントがびしょ濡れになったら、キャンプを楽しむどころではなくなってしまいますよね。

ミヤビくん(夫)
 それはそれで良い思い出になる…?
ミカコ
絶対に嫌よ。

そんなときでもグランドシートがあれば安心です。防水加工されているので、浸水トラブルからテントをしっかり守ってくれますよ。

備えあれば憂いなし。安心してキャンプを楽しむことができますね。

さらに、テントを乾かす手間が省けるので、帰るときの片付けもささっとできてしまいます。遊び疲れているときに大変な後片付けなんてしたくないですよね。

テントとともに楽しいキャンプを支えるグランドシート。まさに縁の下の力持ちと言えます。

キャンプするなら忘れずに用意しておきたいですね。

ミカコ
持ち物チェックリストに登録済みよ。

グランドシートのおすすめはコレ!

まずはキャンプにおすすめのグランドシートを12種ご紹介します。

コールマン マルチグランドシート

アウトドアといえばコールマンですよね。その品質は折り紙つきです。

生地が厚手でしっかりしているので、大切なテントも安心して使えます。

ロゴス ぴったりグランドシート

初心者にも優しいアウトドアブランド、ロゴスのグランドシートです。

お手頃価格で設置も簡単。グランドシートを試してみたい、という方におすすめです。

ドッペルギャンガー グランドシート

ポリエチレン製なので防水性に優れるグランドシート。

鮮やかなパープル×イエローのカラーリングも目を引きますね。レジャーシートとしても重宝します。

GEERTOPP グランドシート

非常に軽く、オープンルーフとして使うことも可能です。両面シリコン加工されており、耐水性は驚きの8,000mm!

高機能なだけではありません。なんと収納すると手のひらサイズになるんです。

小川キャンパル グランドシート

PVC素材で高い耐水性を発揮します。

高周波溶着で加工されたシートは、縫い目がなく完全防水になっています。

Alpine DESIGN グランドシート

ペグで固定できるよう四隅にループ付きです。リーズナブルな価格で、付属品としてペグ4本がセットされています。

GRABBERオールウェザーブランケット

NASAが開発した防水・防風・保温性に優れるシートです。非常に軽く、断熱効果も高いため毛布やタープなど様々な活用方法があります。

Oregonian Camper防水グランドシート

オレゴニアンキャンパーで人気のグランドシートに迷彩柄を採用。裏面はしっかりと防水加工が施されています。グロメットで地面に固定でき、ずれる心配もありません。

VISIONPEAKS グランドシート

軽くてコンパクトなのにしっかりテントを保護してくれます。

四隅の紐をペグに結んで固定するタイプです。

FIELDOOR 折りたたみクッション グランドシート

厚さ5mmのクッション材が入っており地面の違和感をシャットアウト。デザインも豊富で、インナーマットやレジャーシートととしてもおすすめです。

oxtosグランドシート

縫い目にはシームテープ加工されているので防水性も安心です。

裏表はどちらでもOKですが、地面がデコボコしているときはコーティング面(ロゴマーク側)を上にするとシートが傷みにくいです。

ウォニヤ グランドシート

表面にポリエステル加工、裏面にはシルバーコーティングがされているため、頑丈かつ防水機能も◎

UVカット効果もあり、タープとして使えば紫外線対策もバッチリです。

ミカコ
どれも捨てがたいわね。

たくさんあるので、どれにしようか迷ってしまいますよね。グランドシートを有効活用するためにはどのように選んだら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

グランドシートを選ぶポイント

みなさんがキャンプグッズを選ぶときの決め手は何ですか?かっこよさ、お値段、使い勝手など人それぞれ重視したいポイントがありますよね。

一口にグランドシートといってもいろいろな種類があります。

どれを選んだら良いのかよく分からない、という方は必見!お手持ちのテントにぴったりなグランドシートの選び方をお伝えします。

グランドシートとテントのサイズを確認

グランドシートを選ぶとき、一番重視したいのはシートのサイズです。

ミヤビくん(夫)
テントをしっかり守れるように大きめが良いんじゃない?

確かにテントを守りたいなら、テントの底をしっかりカバーできる大きさが欲しいところですよね。

ところがグランドシートは使いたいテントよりも小さいものを選ぶのがポイントなんです。具体的には、ボトムと呼ばれるテントの底の部分より一回り小さいものを選びます。

その理由は浸水対策です。雨が降ったとき、水が浸入してくるのは地面だけではありません。空からも水が入ってきますよね。

グランドシートがテントからはみ出していると、そこに水が溜まってテントが水浸しになってしまうのです。

ミカコ
テントの下がプールみたいになったら大変だわ。

だからこそ、テントより小さめのグランドシートを選んでくださいね。

グランドシートの素材は2種類

グランドシートの素材には化学繊維合成樹脂があります。それぞれメリットとデメリットがあるので用途に合わせて選ぶことが大切です。

合成樹脂は防水性がしっかりしているので大雨でも安心。化学繊維に比べると価格も安いものが多いです。デメリットは、シートの重量があり持ち運びが難しいことです。

化学繊維は、軽くて持ち運びやすいのが特徴です。デザインも豊富なので選ぶのも楽しいですよ。ただし繊維に防水加工を施した製品なので、劣化すると水を通してしまう可能性があります。

  メリット デメリット
合成樹脂

防水性に優れる

価格が安い

ずっしり感がある

持ち運びにくい

化学繊維

軽くてコンパクト

デザイン豊富

値段が高め

劣化すると耐水性が下がる

ミヤビくん(夫)
素材選びも肝心だね。

グランドシートは耐水圧も忘れずチェック

化学繊維のグランドシートを選ぶときにはもう一つチェックするポイントがあります。それは浸水をどれくらい防いでくれるか、という指標を表す耐水圧です。

グランドシートは防水効果があるといっても絶対ではありません。大雨でもテントが浸水しないように、耐水圧1,500mm以上の商品をおすすめします。

グランドシートを選ぶポイントを3つお伝えしました。キャンプシーンやテントに合わせて、ぴったりなものを選んでみてくださいね。

簡単!グランドシートの使い方

LOGOS:ロゴス公式HP

グランドシートは使い方もとっても簡単です。シートの四つ角にあるハトメやロープをテントと一緒に固定するだけ。

ミカコ
これならすぐに準備できるわね。

気を付けることは、グランドシートがテントより一回り小さくなるように設置することです。もしも大きすぎるときは折りたたんで使用することも可能ですよ。

ポイント
テントの浸水を防ぐために、グランドシートがテントからはみだしていないかチェック。

また化学繊維のグランドシートには裏表があります。基本的には防水加工された面が上、つまりテント側になるようにします。

どっちがコーティングされたほうかわかりにくいときはロゴマークを目印にするとすぐ分かります。ロゴマークが入っている方を上向きにして使ってくださいね。

商品によって裏表の使い方が異なりますので、説明書で確認してください。

お気に入りのグランドシートが見つかったら、さっそくキャンプに出かけましょう。キャンプ場の情報はこちらの記事をどうぞ。

関西でキャンプするメリットとお勧めキャンプ場、そうだ関西行こう!

2018-10-29

【人気のキャンプ場】初めてのキャンプやインドア派でも大丈夫!!

2018-10-16

その他、あると嬉しいキャンプグッズの情報はこちら。

寒さ対策はニトリにお任せ!秋冬キャンプあったか寝袋のススメ

2018-12-07

寝袋が欲しい!自分に合ったおすすめな寝袋を見つけるためには?

2018-10-27
スポンサーリンク

まとめ

  •  グランドシートはなぜ必要?
  • グランドシートを選ぶポイント
  • 簡単!グランドシートの使い方
  • グランドシートのおすすめ12種!

グランドシートの役割やおすすめをお伝えしました。

グランドシートはキャンプの必須アイテムというわけではありませんが、用意しておいて損はありません。むしろあって良かった、と思えるようなお役立ちアイテムです。

選りすぐりのグランドシートを敷いて、安心快適なキャンプを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

ところで皆さん、キャンプしてますか?

キャンプは敷居が高いと思っていませんか?
キャンプは大変そう、めんどくさい、、、と思っていませんか?

それって、道具を工夫することで全部解決しちゃうんです。

どんな道具を選べばよいか、おすすめの道具はどんなものか、この記事で詳しく説明しています。

間違いないアウトドアのギアはここで!
全国に約60店舗を抱え、100年近い歴史を持つ老舗の信頼できるショップコチラ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です