初心者でも安心手ぶらキャンプ。手ぶらキャンプで全国を旅しよう!

みなさんは手ぶらキャンプをしたことがありますか?
キャンプ初心者の時って『まずは何を準備したらいいんだろう?』『準備にお金と時間がかかりそう』など、不安のあまり荷物が増えてしまったり忘れ物をしてしまいそうです。考えれば考えるほど、キャンプをする前に疲れてしまうということがあるのではないでしょうか。

そんな時には手ぶらキャンプキャンプ場のレンタルプランやWEBから予約できるキャンプ用品レンタルを使い快適に初めてのキャンプを楽しんでみませんか?初心者さんではなくてもこの制度を利用している人は沢山いるはず。道具をそろえるのは、キャンプってどんなものなのかを学んで楽しんでからでもいいんです。思い切って手ぶらでキャンプへ出かけましょう。

スポンサーリンク

初心者でも安心!手ぶらキャンプとは?


引用 なっぷ

その名の通りキャンプ用品を持たずに手ぶらでキャンプをすることです。キャンプ場によってはバーベキューセットもついていたり、キャンプ初心者の方にとってはとても嬉しいサービスです。キャンプ用品のレンタルもできますが、家にあるもので使えそうなものもあれば(折りたたみイスなど)レンタル代の節約にもなります。キャンプ場・施設によっていろいろなプランがあるようなので、あらかじめ確認しておくといいですよ!

初心者でも安心!手ぶらキャンプのいいところ

  • 準備する荷物が少なくて済む
    →テント、寝袋、タープ、その他のキャンプ用品を持ち運ぶのはなかなか大変ですね。初めてのキャンプですから少しでも心にゆとりを持って行きたいですよね。
  • 準備に時間がかからない
    →楽しみだけど忙しくてなかなかキャンプ用品を買いに行っている時間がない時でも安心ですね。個人的にですが、なかなか準備までに腰が重くて。そんな私にはぴったりなのかなと思います。
  • 初心者でも安心
    →これは大事。キャンプ場によってはテントの張り方から何から教えてくれるところもあります。
    ミヤビくん(夫)
    これは心強いね!
  • 複数人で行けば道具などを買うより安い
    →複数人用の大きなテントタープ、その他キャンプ用品をそろえたら費用がかさみます。その点レンタルなどのサービスを使えば一人あたりのキャンプ代は安くて済みます。誰が何を揃えて…っていう相談する手間も省けます。

 

スノーピーク直営のキャンプ場では、5名様まででキャンプ用品一式\45,000で借りられます。これだけでも結構な出費ですが…キャンプ場によってはもう少し安く済むところもありますので調べてみてくださいね。

スノーピーク直営のキャンプ場では一式レンタル可能!
  • オールインワンテント
  • シュラフ(寝袋)
  • テーブル&チェアー
  • LEDランタンセット
  • キッチンセット
  • たき火台&BBQグリル
  • クッカーセット
  • ホットサンドクッカー
  • キッチンツール
  • 食器セット
ミヤビくん(夫)
これだけのものを自分で準備するにはいくらくらいかかるかな?

手ぶらでキャンプ!実際そろえてみるといくらくらい?
【テント・家具】

ミヤビくんも気になってます。手ぶらでキャンプはどのくらい手軽でお財布に優しく楽しめるのか、実際にキャンプグッズをそろえた場合にかかる費用を出してみました。

 

オールインワンテント

調べてみると様々で、安いものだと1万円前後ですが、強度等考えて今回は2万円前後の商品をチョイスします。こちらの商品がAmazonでは\24,980ですので大体\25,000としましょう。

シュラフ(寝袋)

こちらも様々です。安いもので\3,000前後ですので\3,000くらいとします。
で、仮に5人分準備したとして3000×5で¥15,000です。

 

テーブル&チェアー

こちらで\4,500~です。自宅にあるものを持っていけば実質\0ですみます。

手ぶらでキャンプ!実際そろえてみるといくらくらい?
【インテリア・キッチンツール】

  • LEDランタンセット
    →ランタンは調べると\1,000前後なのでいくつか必要として今は携帯のライトなどもありますし…大体\3,000としておきましょう
  • キッチンセット、たき火台&BBQグリル
    →ガスコンロやBBQ用品です。ガスコンロはこれも安いもので\3,000~。BBQセットは5~6人用で\3000~です。
  • クッカーセット
    →大体\3,000前後なので\3,000とします。
  • ホットサンドクッカー
    →何を作るかにもよりますが、そこまで必要とはしないかな…キャンプ用の安いもので\3,000~からなので\3,000とします。
  • キッチンツール(ナイフなど)
    食器セットは自宅から持っていきます。紙皿や割りばしなどで十分ですね。

ということで全部そろえてみると大体…\56,500。初心者でこれだけのものを揃える手間などを考えたら借りてしまった方がいいですね。こう書き出してみると、意外と家から持って行けそうなものも沢山ありますね。荷物の量と時間と相談しながら持ち物を決めてもよさそうですね。

スポンサーリンク

初心者でも安心!手ぶらキャンプに必要なもの・方法

事前準備とリサーチ

ミカコ
手ぶらは手ぶらでも食事は自分たちで準備するんでしょ?
ミヤビくん(夫)
そうだね。BBQプランがあるところもあるみたい。だけど自分たちで準備するところの方が多いかな。あと気をつけなきゃいけないのはキャンプ用品をレンタルするなら事前に予約しないとだよね
ミカコ
それは知らなかった!そっかキャンプ場のレンタル用品の数にも限りがあるのか

あとは、その施設によって温泉がついていたりシャワールーム完備またアメニティーグッズの有無など様々です。温泉がついているなんてとても魅力的ですよね。やはり初めてのキャンプの時って慣れないことで疲れてしまいますから、ちょっとアウトドア気分は薄れるかもしてないですが、温泉でリフレッシュなんていうのもありですね。

レンタルプランを少しでも安くするために調理道具は自宅にあるものを持っていったり、お皿やお箸などは洗い物を少なくするために使い捨てのものを使うのがおすすめです。紙皿や割りばしなら今は100均で充分ですよね。キャンプ場でそのゴミを処理してもらう場合はリサイクル料などでお金がかかりますので気を付けてください。くれぐれもポイ捨ては厳禁です。

キャンプ用品のレンタル方法

キャンプ場で借りる方法

  1. 気になるキャンプ場・施設をチェック
  2. レンタルプランを確認(施設の方からのテントの張り方などの指導付プランもあり)
  3. ネット予約または電話にて予約
  4. キャンプ当日その場でレンタル
  5. キャンプ終了日その場で返却

またキャンプ場でレンタルしない方も当日の急な忘れ物にもキャンプ場・施設のレンタルがあれば安心ですね。

WEBでレンタルする方法

  1. まずは気になるプランをチェック
  2. 必要事項を入力して申込
  3. 予約完了後数日または希望日にセットが届く
  4. レンタル用品一式を持ってキャンプへ出発
  5. キャンプ終了を宅急便にて返却

例えばこちら
CampSmail(キャンプスマイル)というサイトです。
こちらでは、様々なキャンプ用品のレンタルを行っています。またセットプランも豊富で、安心初心者セットで大体2万円前後になるようです。

ミヤビくん(夫)
キャンプ場で借りるよりは安く上がりそうだね


引用 CampSmail公式HP

初心者でも安心!手ぶらキャンプができる場所10選

今回はスノーピーク直営のキャンプ場5か所とその他関東周辺5か所をご紹介。

スノーピーク直営のキャンプフィールド5選

ミヤビくん(夫)
これから紹介する5つのキャンプ場はそれぞれのキャンプ場に直接電話をかけ最低1週間前までの予約が必要です。

十勝ポロシリCampfield(北海道)

予約・お問い合わせ
TEL:0155-60-2000(10:00~17:00※水曜定休)
スノーピーク十勝ポロシリCampfield
日高山脈・十勝幌尻岳の山麓に位置しています。自然の中でリフレッシュできるよう自然の保全や復元に努め、オートキャンプ場や自然加工の体験施設、パークゴルフ場などもあるようです。また八千代牧場が近くにあり、高台に上がると雄大な風景も広がっています。周辺には観光地も沢山あるようなので充実した楽しいひと時が過ごせそうですね。
ミヤビくん(夫)
冬場もキャンプできる場所は限られちゃうけど、雪景色を楽しめるのもよさそうだね。


引用 手ぶらCAMP by snow peak 十勝ポロシリ

 

Headquarters Campfield(新潟)

予約・お問い合わせ
tel 0256-41-2222 9時~19時 

Headquarters Campfield(新潟)

小高い丘陵地帯で、広さは約5万坪。牧場のために開かれた草原で、天気のいい日には粟ヶ岳や守門岳を見ることができます。また、春から秋は緑の草原で、冬はあたり一面雪で覆われ真っ白な世界が広がるそうです。丘になっていることから、周囲のあかりは入り込まず、綺麗な星空を眺めることができるのだとか。
ミカコ
綺麗な星空!是非見てみたいわね
引用 手ぶらCAMP by snow peak Headquarters

 

箕面Campfield(大阪)

予約・お問い合わせ
TEL:072-732-2588(10:00~19:00※火曜定休)
箕面Campfield(大阪)
ダム湖の湖畔で元々自然の地形を生かした90サイトのキャンプフィールドです。 周辺の樹木は落葉広葉樹が多く新緑~紅葉など四季それぞれの景色を楽しむことができます。 
ミヤビくん(夫)
紅葉のシーズンに行ったら景色が最高だね♪

引用 手ぶらCAMP by snow peak 箕面

 

おち仁淀川Campfield(高知)

予約・お問い合わせ
TEL:0889-27-2622(9:00~18:00※水曜定休)
おち仁淀川Campfield(高知)
高知県越知町の中央を流れる”日本一の清流”仁淀川に面したキャンプフィールドです。 自然を身近に感じることができる芝生のオートキャンプサイトは30区画が用意されています。 また仁淀川を感じるアクティビティとしてラフティングが楽しめるそうです。  
ミカコ
ラフティング是非挑戦してみたいわ!

引用 手ぶらCAMP by snow peak おち仁淀川

 

奥日田Campfield(大分)

予約・お問い合わせ
TEL:0973-53-2358(10:00~19:00※水曜定休)
奥日田Campfield(大分)
標高950mに位置するスノーピークのキャンプ場です。高原ならではの空気、またキレイな星空が最大の魅力だそ
うです。
ミヤビくん(夫)
標高が高いところから見る星空は別格なんだろうな…

引用 手ぶらCAMP by snow peak 奥日田

ミカコ
次に関東周辺のキャンプ場・施設のご紹介です。
ミヤビくん(夫)
ネット予約ができるみたいだね。

関東周辺キャンプ場・施設5選

昭和の森フォレストビレッジ(千葉)

都心から約1時間ほどで、コンビニやスーパーも徒歩圏内でとても便利そうです。都心から近いにも関わらず森に囲まれアウトドア気分はしっかり味わえます。キャンプ用品を持ってなくても、コールマンのキャンプアイテムのレンタルが充実してるから安心です。

隣接している【昭和の森公園】にはアスレチックコースやロープタワーなどの遊具やサイクリングコースなどがあり一日中しっかり遊ぶことができますね。子供連れにおすすめです

料金プラン
手ぶらプラン:¥48,600〜
昭和の森フォレストビレッジ(千葉)
キー坊
早く公園で遊びたい!


引用 なっぷ

 

ケニーズ・ファミリー・ビレッジ(埼玉)

「あそびの広場」ではバスケットボールやバドミントン、卓球などができおもいっきり体を動かすことができます。また、ここが心強いところ!スタッフは日本オートキャンプ協会公認インストラクターの資格を持つ人が3人いてキャンプのことなら何でも相談が可能だそうです。

女性や子供が安心できる安全で清潔な施設作りを心掛けていて、冬期を除き夏期や土日・祭日はファミリーしか宿泊が出来ないため、夜も安心して過ごすことができるのも魅力的ですね。

料金プランまとめ
キャンプパック:¥15,900
BBQパック:¥8,700
ケニーズ・ファミリー・ビレッジ(埼玉)
ミカコ
ファミリーしか宿泊できない日があるなんて魅力的。子供も安心して連れていけるね


引用 なっぷ

 

皇海山キャンプフォレスト(群馬)

こちらのキャンプ場もキャンプインストラクター常駐です。日本百名山の一つ、皇海山のふもとに位置し『東洋のナイアガラ』と呼ばれる吹割の滝からも車で10分ほど。更に、日光や尾瀬へもアクセスしやすく観光資源にあふれた立地にあるキャンプ場です。

セットアッププランがあり、完全手ぶらでもOK。BBQセットもつけられます。こちらは3日前までの予約必須です。食材セットが1人\1,750。4人で予約したとすると…1750×4=7000BBQグリルセットが\2,000です。

料金プランまとめ
セットアッププラン:¥14,000〜
食材セット:¥1,750(1名)
BBQグリルセット:¥2,000
皇海山キャンプフォレスト(群馬)
ミヤビくん(夫)
ここは食材セットもあるんだね!本格的な手ぶらキャンプができそうだ

引用 なっぷ

 

那須町野外研修センター(栃木)

自然が教室、自然が教科書、自然が先生。のコンセプトをもとに自然体験プログラム豊富です。自然体験活動のプロである「NPO法人 那須高原自然学校」が運営しています。場内には沢も流れていて、テントサイトだけではなくバンガローやキャビン等もあるようです。町営なので値段がリーズナブルなのも魅力ですね。

1人、1泊で最低限必要なものをレンタルすると、テント\4,500、タープ\3,000、寝袋セット\900、マット\300、ランタン1つ\500、その他BBQ・調理道具全部足して\4,100、机(4~6名用)\500、イス(2~3名用、折りたたみ式椅子2脚)\500となっています。寝袋セットやマット、ランタンなどは数個必要かもしれませんがその他は1式揃えれば大丈夫そうですね。

料金プランまとめ
テント:¥4,500
タープ:¥3,000
寝袋セット:¥900
マット:¥300
ランタン(1台):¥500
BBQ・キッチングッズ:¥4,100
テーブル(4〜6名用):¥500
イス(2〜3名用、折りたたみ式2脚):¥500
那須町野外研修センター(栃木)
ミカコ
自然の体験プログラム是非子供と一緒に参加してみたいわね。レンタル料が安いのも魅力敵ね!


引用 なっぷ

 

長井海の手公園 ソレイユの丘(神奈川)

動物ふれあい広場、ゴーカートやアーチェリーなどの子供が喜びそうなアクティビティーが沢山あるところが魅力的な施設です。ソレイユの丘は横浜から45分、都内から60分とアクセスも良好です。東京ドーム4.5個分の広大な園内には一日では遊びきれない施設が満載。

お昼は園内、夜はBBQとキャンプで1日中楽しめます。場内には温浴施設もあるそうで、たっぷり遊んだ後もリフレッシュできますね。手ぶらセットがあり\36,000~になっています。

料金プランまとめ
手ぶらセット:¥36,000〜
長井海の手公園 ソレイユの丘(神奈川)
ミヤビくん(夫)
童心に帰って一日中楽しめそうなところだね!都心からのアクセスが良いのも行きやすそうだね。

引用 なっぷ

 

手軽にバーベキューを楽しみたい方はこちらをチェックすると良いですよ!

【厳選バーベキュー貸し出しスポット】全国エリア別おすすめ14選!

2018.10.23

夜のバーベキューはこれでばっちり!【関東厳選スポット6選あり】

2018.10.30
スポンサーリンク

まとめ

  • キャンプ初心者の方でも安心な手ぶらキャンプ。
  • 手ぶらキャンプにはいいことがいっぱい。お金もあまりかからず、準備にも手間がかかりません。
  • 手ぶらキャンプに必要なものの借り方。キャンプ場のみならずネットでも借りれるんですね。
  • 全国に沢山の手ぶらキャンプができる施設があります。それぞれ特徴が違うので事前チェック必須です。

手ぶらキャンプ、とても魅力ですね。キャンプ初心者にも安心で優しいプランが沢山あります。またキャンプ場によっては、温泉施設があったりアメニティーが充実しているのが嬉しいですよね。

グランピングのようにすべて準備されているわけではありませんが、キャンプをこれから沢山していきたい人にとっては、手ぶらキャンプのプランを使って始めるのはおすすめです。

施設によってはスタッフさんが一から丁寧に指導してくれます。また、キャンプ経験者にとっても荷物が少なくなるっていうのは魅力的ではありませんか?私も今すぐにでも手ぶらでキャンプへ出かけたくなってきました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です