ペットとキャンプをするには?必要なグッズは?施設やグッズご紹介!

愛するペットと共にキャンプ がしたい。

でもやり方がわからない、と言った方は必見!

今回は、犬とキャンプをするのに必要なグッズや場所などを、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそも犬とキャンプってできるの?

犬とキャンプができる場所って、実は結構あるんです。

犬も一緒にキャンプが可能なキャンプ場 の中には、ドッグランがあったり、ドッグプール があったりと、しっかりと犬と楽しめるような施設が揃っている場所もあります。

犬とのキャンプは、初めてでテントを張るのが心配といった方も、一緒に泊まれるコテージなどもあるので、安心です。

ただ、キャンプ場によっては、狂犬病予防接種済みの証明書が必要など、入場条件が異なりますので、ホームページなどで事前に確認 してください。

せっかく準備してキャンプ場に着いたのに、証明書などがなくて入れないとなると、とても残念ですもんね。

犬とのキャンプで用意すべきグッズ

犬と一緒に楽しめる施設がキャンプ場があるということがわかって、早速犬用のキャンプグッズ探し。

でも、何が必要なんだろうか……?

そこで、犬とのキャンプ時に必要なグッズ をご紹介します。

犬とキャンプをするのに必要なグッズは?

犬とのキャンプで、必要なグッズは

  • ウンチ袋(できるだけ多めに)
  • 餌入れ、水入れ
  • ごはん、おやつ(日数分)
  • ノミダニ付着防止薬
  • リード
  • スパイラルステッキ
  • タオル
  • おもちゃ
  • ランタン

です。

うんち袋

うんち袋はなるべく多目に。

臭いが外に漏れにくい袋 などを使用すると、時間が経っても安心ですよ。

餌・水入れ

餌や水入れは、折り畳める物もあるので、それを使うとかさばらずで良いです。

ごはん

ごはんは日数分。
密閉の袋に入れて 小分けにしておくと、便利です。

ノミダニ付着防止薬

ノミダニ付着防止薬は、自然の多い場所に滞在するとなると、必ず必要になりますので忘れないようにして下さい。

リード

犬も一緒にキャンプができる所であっても、ノーリードは禁止されている所も結構あります。

キャンプをする時に、リードを繋ぐところがないという事もありますので、一緒にスパイラルステッキも用意しておいて下さい。

タオル

キャンプ場で水浴びをした後、ドライヤーで乾かすことができません。

自然乾燥で生乾きになってしまうと、臭いが気になってしまいます。

なので、しっかりと給水してくれるタオルを使って、水分を拭き取ってあげるようにしましょう。

おもちゃ

普段使っているおもちゃ や、お気に入りのおもちゃ があると安心すると思います。

一つは持っていきましょう。

ランタン

夜お散歩をする時、ランタンがあると便利です。

今は、長持ちするLEDのランタン も、お手頃価格で販売されているので、一つ持っておいてください。

他にも、肉球を守るための靴や、季節によっては防寒具、ドッグランのないキャンプ場では、即席でドッグランが作れるドッグピットなどなど、シュチュエーションによって、プラスアルファで用意していってくださいね。

グランピングが一緒に楽しめる

なんと、犬とグランピング を楽しむことができるキャンプ場もあるんです。

グランピングとは、魅力的でゴージャス なキャンプのこと。

少し奮発して、犬と一緒の思い出を作るのも、良いですよね。

そこで、犬もOKなグランピングのある施設をご紹介します。

Glee Club   千葉県

Glee Club  ・HP

犬も一緒に開放的に楽しめるっていいですよね。

Glee Clubは、リードなしで楽しめるキャンプ場です。

犬用の立水栓や、トイレシートなども無料で使えるところが、犬に優しい施設ということが伝わりますね。

様々な雑誌にも掲載されている施設です。

https://glampingdog.eyado.net

エンゼルフォレスト那須白河  福島県

エンゼルフォレスト那須白河・HP

こちらも、リードなしで楽しめます。

自然を満喫したいと言った方には、オススメな場所です。

源泉掛け流しの犬の用の温泉は、殺菌効果が含まれているそうで、肉球もスべスべに。

犬も楽しめるマッサージ があるなど、犬も人間も、とてもリフレッシュ出来る場所です。

https://www.ang-f-ns.com

ネスタリゾート神戸  兵庫県

ネスタリゾート神戸・HP

キャビンからホテルまで、色々な宿泊方法に対応しているのは、ネスタリゾート神戸です。

犬と一緒にBBQを楽しんだり、日帰りグランピングも楽しめちゃうのが、この施設。

家族でワイワイ楽しむ のに、おススメですよ。

http://nesta.co.jp/dog

スポンサーリンク

犬とのキャンプで注意すること

持ち物のところでも書きましたが、ノミダニケアは万全にしておいてください。

そして、キャンプ場では食べ物が落ちている場合がありますので、拾い食いにも十分注意してくださいね。

うんちの処理など、エチケットもしっかりとしましょう。

キャンプ場によっては、証明書が必要なところもありますので、そこもしっかりと確認してから、準備してくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • キャンプは、犬と一緒に盛大に楽しめる
  • 用意するグッズは沢山。でも行く施設によるので、要チェックです。
  • グランピングで楽しい思い出づくりができる
  • 犬とのキャンプで注意することを覚えておく

いつもとは違った、自然の多い場所で思いっきり駆け回れたら、犬もストレス発散になるのではないでしょうか?

愛犬家の皆さん。
愛犬と一緒に、日常とは少し変わった素敵な一時をお過ごしくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です