冬キャンプにストーブ持参するなら!老舗メーカーフジカのハイペット

キャンプに行けば、地頭が良くなり、心身ともに健康になる物凄いメリットがあります。

そしてキャンプの居心地は道具で決まっちゃいます。

皆さんが素晴らしいキャンプを経験して、キャンプにしっかりハマれるように、優れた道具選びのコツとキャンプのメリットを徹底的に掘り下げました↓

→キャンプ道具で居心地はかなり違う!グッズ選びのポイントと注意点

キャンプをより快適に楽しみたいという人にとっては、ストーブは必需品ですよね。非日常的な時間や空間を楽しみたい、そんな本当のアウトドアをサポートしてくれるアイテム、ストーブについてご紹介しますね。

中でもイチ押しがフジカ社のハイペットですよ。

スポンサーリンク

冬のキャンプについて

キャンプといえば夏に行うイメージですが、夏以外のシーズンも楽しんでいる人って多いんですよ。夏って暑いし、山だと虫もいるし、けっこう大変なシーズンですよね。

冬のキャンプですが、私も昔は、雪山での遭難をイメージしてしまっていたので、怖い、下手したら死んでしまう!!

というイメージがあったのですが、準備をして臨めば、夏には経験できない至福の時間を過ごすことができますよ。

冬のキャンプ≪メリット≫

キャンプしている人が少ない

昔の私のようなイメージをもっている人多いんだと思います(笑)単純にキャンプしている人が少ないので、自分だけの非日常な空間を楽しめることも魅力のひつですね。

純粋にアウトドアを楽しみたい方には、もってこいのシーズンですね。

虫がほぼいない

虫嫌いな人にはありがたいシーズンですよね。虫嫌いでなくても、蚊なんかいないし、虫よけスプレーどこにしまったけ??みたいなドタバタもないですから、意外と外せないメリットなことですよね。

空気が澄んでる

夜は星が最高です。なんせ空気が澄んでいますから!!降水量も少ない為、夏特有の積乱雲の発生による、夕立や雷雨なんてもほとんどないシーズンですよね。

冬のキャンプ≪デメリット≫

寒い!! 以上(笑)

冬のキャンプに出掛ける準備

デメリットは寒いしか書いていないですけど、そもそもキャンプって準備が大事ですし、冬のキャンプは防寒対策は必須ですね。今回は、持っていくととても快適な防寒対策グッズとしてフジカのストーブをご紹介します。

いくつかある冬のキャンプに持っていけるストーブ

まず、持ち運びストーブですが、大きく分類すると石油ストーブ、薪ストーブ、ガスストーブの3つに分類できます。その中で、石油ストーブについてざっくりご紹介したいと思います。

石油ストーブは、火力が強いということが特徴です。ストーブの上部が平面になっているので、その上に鍋ややかんをのせて温めることができるという利便性も兼ね備えているストーブです。

 

トヨトミ レインボー 価格帯:54,000円~65,000円

引用:株式会社トヨトミ

アラジン ブルーフレーム 価格帯:54,000円~65,000円


日本エー・アイ・シー株式会社
スポンサーリンク

フジカについて

一番のおすすめとして、フジカ社のハイペットをご紹介したいと思います。まずは、フジカ社について少しご説明しますね。

株式会社フジカ

東京都文京区湯島3-2-2

http://fujika.co.jp/

創業昭和22年の老舗!!

注文は電話のみで、しかも支払い方法は現金代引き以外の選択肢なしです!平成も終わるこの時代に、クレジットカードが使えない、QRコード決裁なんてもっての他なのです。これは、ほぼ口コミだけで生きてきた本物ですね。

【世界のフジカのストーブ】ハイペット

引用:株式会社フジカ

「21世紀におくる、古くて新しい実力派石油ストーブ!!」このメーカーキャッチフレーズは最高ですよね。フジカ社のストーブのブランド名がハイペットという名称です。

カラーは、黒と白の二種類から選択できます。この後、もう少し詳しくハイペットについて深堀してみましょう。

ハイペットのおすすめポイント

暖房能力

燃料タンク満タンで、約10時間、8帖程度を暖める能力ありです。車につめる荷物の量も限度がありますし、キャンプ先に大量の燃料を持っていくわけにはいきませんから、暖房能力は重要評価ポイントですよね。

お手入れ簡単

筒の部分は、すすやタールで汚れますので、この部分を拭くだけ。芯の手入れを行うことで長持ちしますよ。

ニオイや煙が少ない

特別の燃焼筒を使用しているため、点火消火時に炎が大きくたたず、黒いススや有害なCOの発生が非常に少ない設計になっています。キャンプだけでなく、家庭で利用したい方には評価ポイント高いですよね。

非常時

災害時や停電時の非常時にも活躍できます。マッチやライターで点火することにより、ローソク程度の明るさになりますので、これは持っておいて損しない製品ということですよね。

 

更に詳しく

注文してからの納期

けっこうまちまちのようです。2週間から2ヶ月という幅があるとリサーチしています。ということで、注文してすぐに手に入る代物ではないということを頭に入れたうえで、余裕を持って注文することをおすすめしますね。

お値段

カラーが黒と白あるとお伝えしましたが、白の方が若干高いです。ごめんなさい、なぜかはわかっておらず。。。価格帯は27,000円~60,000円という感じです。詳しくは直接お電話でご確認くださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 冬キャンプは夏キャンプでは味わえない魅力がいっぱい
  • 冬キャンプにはストーブを持っていこう
  • おすすめのストーブはフジカ社のハイペット
  • ハイペットはキャンプだけでなく、家庭でも利用できる

なんだかストーブを持って冬キャンプに行きたくなりませんか?キャンプ用ストーブはもちろん家庭でも使用できますので、1台あっても損はない代物ですよね。冬キャンプ+ストーブでもっともっとアウトドアを楽しみましょう。

スポンサーリンク

ところで皆さん、キャンプしてますか?

キャンプは敷居が高いと思っていませんか?
キャンプは大変そう、めんどくさい、、、と思っていませんか?

それって、道具を工夫することで全部解決しちゃうんです。

どんな道具を選べばよいか、おすすめの道具はどんなものか、この記事で詳しく説明しています。

間違いないアウトドアのギアはここで!
全国に約60店舗を抱え、100年近い歴史を持つ老舗の信頼できるショップコチラ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です