アウトドアや車中泊にもってこいの車【デリカD:5】その理由は?

デリカD:5は4WDで言わずと知れたアウトドア向けの車ですよね。海、山、川、どこでもこいです。

しかし、車中泊となるとどうでしょう。車中泊をするうえで大事なのはシートがフラットであるかどうかです。しかし、デリカD:5のシートは凹凸が激しいんです。

では、どうすればデリカD:5で快適に車中泊を楽しめるのかをご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

【デリカD:5で車中泊】車内を快適空間へと変える方法

近場で遊ぶ程度であればシートを倒すだけで眠ることはできますが、一日がっつり遊んだ後や、これから遊ぶ人にとって質のいい睡眠はかなり重要となりますよね。そんな中、シートの凹凸は睡眠の大敵です。

ミカコ
小さな子供って眠っている時、ごろごろ動きまくるのよ~。そのたびに目が覚めちゃうわ。

寝苦しい旅なんて嫌ですよね!

大人も子供もストレスになりかねません。とにかく車内で身体の疲れを癒す。次の日に備えるためにいかに快適な空間を簡単に作り出すかが重要となるのです。

まずは、シートの凹凸を簡単にフラットに近い状態する方法を紹介します! 

このD:5純正のジョイントクッションは低反発クッションを使ってあり、シートの凸凹感を軽減します。

セットの仕方も楽々、マジックテープの接続で、6枚セットになっています。

次は簡単にマットをフラットにする方法を紹介してくれています。

大きさとしては190cmの長さをしっかり確保できるので、大きな男の人でもしっかり足を伸ばすことができます。

車中泊をもっと快適に過ごすための参考にぜひ!

初めての車中泊!アウトドアで楽しく快適に過ごせる5つのポイント

2018.10.26

また、人数が多い、窮屈だ、という人はポップアップルーフをつけるのも最高に楽しめますよ。

【デリカD:5がキャンピングカー仕様になれば…という声にお応えして/D:POPの誕生】

デリカD:5 D:POP

デリカD:5 D:POP

「車中泊」旅行のクルマ旅について、最適な車両とはなにか?・・・西尾張三菱自動車販売では、アウトドア派のお客様のお声のみならず、街乗り中心のユーザーの皆様方のお声にも真剣に耳を傾け、独自開発を進めてきました。その答えが、デリカD:5の天井部にポップアップルーフを装着するキャンピングカーです。「D:POP」と名付けられた完成車は、いまやひっぱりだこの人気車に成長しました。

西尾張三菱自動車

キー坊
うわ~!秘密基地みたいだ!!

子供も喜ぶの間違えなしです。ポップアップルーフをつけられるのも、車体の強いデリカD:5ならではです。

ルーフベッドスペースは180㎝×1160㎝あるので大人二人でも寝転ぶことができます。夢がひろがりますね。

上手にアイテムを使っていくことで、まるで自分の部屋であるかのような空間が広がります。

キャンプの大荷物もしっかり収納【積載量をふやす方法】

デリカD:5の欠点はシートを倒すと荷物が致命的にのらないこと!

残念ながらシートの下には荷物があまりのりません。家族で遠出となると荷物が増えますよね。キャンプとなるとなおさらです。

ミカコ
着替え持ってきたから、洋服汚してもいいわよ~!せっかくのレジャー存分に楽しみましょう♥
キー坊
わーい!今日は川遊びや山遊びでどろんこになっても怒られないぞ!

子供がいると、最低限に収めるのって難しいですもんね。天候が変わりやすいところだと防寒対策グッズもかさばります。そこでより多くの荷物を載せるための方法を紹介します。

キャリアで屋根につむ!

このやり方で積載量をふやすことができるので室内を広々快適に使うことができます。

三菱デリカD5公式HP

三菱デリカD:5の専用キャリアでヘビーデューティキャリアという名前で

定価140,292円で販売しています。ちょっと高いなと思われたら次のキャリアはいかがでしょうか。

ヒッチキャリアをつける

 

後ろに積むのであれば、屋根に乗せるよりも簡単ですね。

積載量の問題については、この二つで解決できるのではないでしょうか。

さすが4WD!悪路でもへっちゃら!

ミカコ
2WDと4WDの違いって一体何なの?4WDは何がいいの?
ミヤビくん(夫)
2WDは前輪2つ、もしくは後輪2つが駆動している車のことだよ。4WDは4輪とも駆動する車なんだ。だから雪道や舗装されていない道でも4輪駆動することで安定した走りができるんだよ。

遠方へキャンプへ行くとなるとどんな立地を走ることになるのか、行ったことがないところだと不安がよぎる人も多いかと思います。デリカD:5は上り坂の多い高速道路はもちろん舗装されていない山道でもディーゼルならではのトルクフルな走りが持ち味で力強くスイスイ走ることができます。

現在のデリカD:5は2WDと4WDの切替えができ、快適な走りにいろんな道を走りたくなりますよ。

まっすぐ目的地を目指すのではなく、回り道をすることで新たな場所との出会いがあることでしょう。

スポンサーリンク

デリカD:5はファミリー層のアウトドアにおススメ!

アウトドアが好きな人でSUVタイプの車を選ぶ人は多いのではないでしょうか。

SUVとはSport Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の略称で、日本語に訳すと「多目的スポーツ車」という意味です。その名の通り、普段使いからレジャーまで幅広く活用することができます。車高が高いので運転もしやすく悪路にも強いので、日本のみならず世界中で人気があります。

しかしSUVは小さな子供がいる家庭にはとっても不便!

何が不便かというと、

  1. 車高が高いので乗り降りに手助けが必要。
  2. 扉がスライドドアでないので隣の車にぶつける可能性がある。
  3. 自転車やベービーカーなど、大きな荷物がたくさんのらない。

以上の点があげられます。

しかしデリカD:5はこれらの欠点を補ってくれます。さらにSUVの良さを兼ねそろえている車なのです。

キー坊
この高さだったら僕でも一人で乗り降りできるよ!
ミカコ
スライドドアだから、扉を開ける時、子供に隣の車にあてないように気を付けて!!って叫ばなくていいわね。
ミヤビくん(夫)
ミニバンだからSUVより荷物もたくさん積むことができるし、まさにアウトドアレジャーにもってこいの車じゃないか!

普段使いに4WDは燃費が悪く経済的ではないのでは?

と思われがちですが、デリカD:5に搭載されている4WDシステムは、普段は2WDで、滑りを感知した時のみ4WDとなるオートタイプのため、実はそれほど燃費効率が悪い訳ではありません。

スポンサーリンク

まとめ

  • 簡単にシートをフラットにすることが可能
  • 工夫次第でたくさんの積載量を増やすことができる
  • 悪路でも力強い走りができる
  • デリカD:5はファミリー層にも強くおすすめできる車

自由きままに移動先で泊まることができる車中泊。四角く広々した車内、車体も強く、どんな道だって走ることのできる4WD。

それだけで着のみ着のままどこにだってむかうことができちゃいます。

アウトドア向けの人気の車種だけあってデリカD:5対応商品も数多く販売されています。そういったアイテムを使って、自分だけの快適な城を築いていってはどうでしょう。

関連記事

キャンプ等のアウトドアに最適な車はこれ!デリカD-5なら無敵!? 

2018.11.02

アウトドアで車中泊するにもってこいのクルマお勧め5選とは!?

2018.10.15

自分に合うアウトドアを探しデリカ:Ⅾ5で車中泊を楽しもう

2018.09.26

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です