キャンピングカーの魅力が満載のイベントを徹底的に楽しむためのコツ

車中泊の人気で注目を集めているキャンピングカー。そんな注目のキャンピングカーが一集結するイベントがあります。

キャンパーの憧れでもある、夢とロマンを乗せたキャンピングカー。キャンパー達を魅了するワクワクのイベントが、キャンピングカーイベントです。キャンピングカー専門のディーラー・メーカーさんが大集結して、自慢の車両を展示・販売するイベントです。

ここでは、イベントを楽しむためのコツとイベント情報、キャンピングカーの魅力を余すところなく紹介します。最後まで読まれた方は、キャンピングカーの魅力に心奪われます。

スポンサーリンク

キャンピングカーの魅力に迫る

 

ふらっと旅に出掛けたいなって想うことはありませんか?天気が良かったりすると、更に旅への意欲を掻き立てられますよね。キャンピングカーの最大の魅力は、自由気ままに旅ができることです。そんなキャンピングカーの魅力を徹底紹介します。

疲れやストレスの原因を作らない

旅行って準備に手間がかかるし、面倒くさいというのが本音ですよね。時間を気にしながらの旅は気疲れしちゃいます。旅はストレス発散する手段の一つなのに、ストレスを溜めたくはありませんよね。

それなら自分の車を運転していけばいいじゃないか、と想うかもしれません。自分が運転するなら、自分の好きな場所に行ける自由さはあります。でも、長距離の運転は疲れるし、渋滞に嵌った時なんてもうドッと疲れちゃいますよね。

キャンピングカーは駐車可能な駐車場があれば、車を停めて休息することができます。狭い普通車とは違い、思いっきり身体を伸ばして寝そべることができます。疲労回復には休息を取るのが一番です。休みたいときに休めるのは気が楽ですよね。

時間や場所に縛られない

公共の乗り物を利用して旅行をするには、目的地を限定しなければいけませんよね。行き帰りの時刻が決まっているので、少しだけ気持ちに焦りを感じますよね。旅先での宿泊の場所も事前に予約する必要があります。

大型連休にもなると、公共の交通機関は大混雑しますよね。人気の観光スポットは、宿の予約が殺到して確保するのが困難になります。キャンピングカーなら時期を選ばなくても、いつでも人気の観光スポットに行くことができます。

交通機関や宿の予約って大変ですよね。時期や場所によっては、混み合っていて予約が取れないこともあります。空いてる宿を探すのも時間と手間がかかります。そんな面倒な手間も不要です。移動も寝泊まりもすべてキャンピングカーで済ませることができます。

我が家のような開放感

キャンピングカーは動く住居です。その内装は、電気、給排水、空調の設備はもちろん、キッチンや冷蔵庫などの生活には欠かせないインフラ設備がすべて整っています。普段の生活をそのまま外に持ち運べるのは、キャンピングカーならではの強みです。

エンジンを止めて電気を使用するとバッテリーが上がっちゃうのでは?と心配ですよね。キャンピングカーにはサブバッテリーがついていて、エンジンを動かすバッテリーとは別々なので、車のバッテリーが上がる心配はありません。

我が家は安らぎとくつろぎの空間です。旅先でもプライベートな空間を演出できるのは嬉しいですよね。一人で黄昏に浸るのも良いでしょう。または家族や仲間達と賑やかに過ごすのも良いでしょう。自由にくつろぐことができます。

家族との絆を深める

連休を利用して家族旅行を計画される方もいますよね。小さなお子さんがいるご家庭であれば、気軽に家族旅行なんて言えませんよね。小さい子を連れ出すのはリスクがあります。乳幼児であれば尚更ですよね。

赤ちゃんは授乳やオムツ交換が必要になりますよね。赤ちゃんの機嫌や体調って変化しやすいし、時と場所を選びません。ぐずったりすると周囲にも気を遣ってしまいますよね。キャンピングカーならお子さんのペースに合わせて動けるので、そんなリスクも心配もまったくありません。

ペットを飼ってる方でも、安心して旅をすることができます。ペット同伴で泊まれる宿って限定されちゃいますよね。必死になって調べても、簡単には見つかりません。だからといって、ペットを置いていくのは可哀そうですよね。ペットも家族の一員ですから。

キャンピングカーは我が家として使えるので、小さなお子さんやペットを連れての旅も可能になります。プライベートな空間なので、周りの迷惑になることはありません。家族との団らんの時間が増えて、絆を繋いでくれます

様々なシーンを演出

登山やクライミングなどのアウトドアスポーツやアクティビティにも、ベース基地として活用できます。キャンピングカーを拠点にすれば、自分のペースでアタックすることができます。そこに我が家があるのだから、いつでも帰れるという安心感はありますよね。

山や海に車を停めて、ルーフテントから星空を眺めるのもロマンチックで素敵ですよね。花火大会や音楽イベントに前乗りすることもできます。様々なシーンで活躍するのがキャンピングカーの魅力です。キャンピングカーが注目される理由がわかりますよね。

キャンピングカーでキャンプに出かけましょう。関連記事はこちら。

初心者でも大丈夫!初めてのキャンプを楽しむ方法とコツ、教えます。

2018.10.11

BBQの用意からキャンプ場まで。楽しく過ごすための情報を紹介!

2018.09.24

キャンプは簡単レシピで‼︎手軽につくれるキャンプレシピ5選!!

2018.09.23

正しいキャンピングカーの選び方

 

キャンピングカーは、旅やアウトドアが好きな人にとっては憧れの車です。タイプによって違いはありますが、車とはおもえないほどの快適な居住空間を創造してくれます。

キャンピングカーは、動く住居と言われるだけあって大変高価なものです。タイプによっては、一軒家が建っちゃうほどの価格です。高価なものだけに、購入の際は慎重に見極めなければいけません。そんな方のために、キャンピングカーの正しい選び方をお教えします。

主な車両タイプ

先ほども述べたように、キャンピングカーにはタイプがあって、大まかに6つに分けられます。タイプによっては内装やインフラ設備、使い勝手に大きな違いがあります。タイプは以下に分類されます。

  • 軽キャンパー
  • キャブコン
  • バンコン
  • キャンピングトレーラー
  • フルコン・セミフルコン
  • バスコン

見極めなければならないポイントは、車の価格、使い勝手の良さ、何人乗れるのか、装備や設備です。用途や車に乗る頻度によって、車の選び方も違ってきます。日常的に乗れて低価格なのが人気です。

普段の生活の足にしたいと考えているのであれば、軽キャンパー、バンコンがおすすめ。トイレ、お風呂、キッチンなど、長期滞在を考えているのであれば、キャブコンがおすすめ。

ベース車両と車両タイプの特徴

 

軽キャンパー

 

MYSミスティックHP

軽自動車や軽トラックをベースにした車両です。車両も低価格で、車重が軽いので維持費も安価です。小回りが利くので、高速道路や一般道も制限なく走行できます。車体の高さも影響することが少ないので、立体駐車場にも屋根を擦ることなく安心して駐車できます。

 

MYSミスティックHP

軽自動車ながら室内は広く、ダイネットソファーベッドやテーブルがあって、少人数での寝泊まりは可能です。ログハウスのような落ち着いた雰囲気で、ゆったり過ごせます。

 

バンコン

 

NUTS HP

バンコンは、ハイエース、キャラバンといったワゴンやバンをベースにした車両です。ベース車両によって、車体の高さ、幅、エンジンなど、スペックに様々なバリエーションがあります。

 

NUTS HP

ベッドやソファー、テレビやエアコンといった、寝泊まりに必要な装備は揃っています。少人数での旅であれば、快適に過ごせます。軽キャンパー同様、普通車としても使えます。

 

キャブコン

 

日本RV協会HP

キャブコンは、トラックなどの大型車をベースにした車両です。本格的なキャンピング装備を重視するならキャブコンです。キャブコンと軽キャンパーやバンコンとの大きな違いは居住性です。軽キャンパー、バンコンとは比較にならないほどの圧倒的な居住性が最大の魅力です。

ただし、大型車両は燃費が悪いです。軽キャンパーやバンコンに比べると走行性能、コーナーリング性能、ブレーキ性能が劣ります。この圧倒的な居住性を考えたら、燃費や走行性能の悪さを差し引いても余りあります。

 

日本RV協会HP

生活に必要なインフラ設備がすべて整ってるといっていいでしょう。ベッドルーム、キッチン、トイレ、冷暖房に至るまでフル装備。大げさではなく、家族全員で日本一周の旅ができちゃうかもしれませんね。

 

オプションと標準装備の確認・点検

キャンピングカーを購入の際に確認しておきたいポイントは、何が標準装備されているのか、どんなオプションが付いているのかです。中古車の場合は、装備を入念に確認する必要があります。設備やオプションに不具合がないのかをしっかり確認する必要があります。

初心者の方であれば、ディーラーさんに再確認してもらうことをおすすめします。必要なオプションが付いていなかったり、不具合があって修理となった場合、高額な費用がかかってしまいます。高額な買い物をした上に、更に金額が上乗せになったら大きな負担になります。

 

あなただけの一台を見つけよう

ここでは一般的に知られているタイプだけを紹介しました。少人数で短期間の旅をするなら軽キャンパーやバンコン、大勢で長期間の旅をするならキャブコンがおすすめ、ということがわかったと思います。よく吟味した上でご購入を検討してみてくださいね。

 

キャンピングカーイベントを完全制覇するためのコツ

 

キャンピングカーイベントって、キャンパーやアウトドアが趣味な方だけのイベントだと思ってはいませんか?それは大きな誤解です。イベント会場の雰囲気はフェスティバルです。アウトドアに関連するアクティビティを体験できたり、フードコートがあったり、キャンプやアウトドアに興味のない方でも楽しめます。

キャンピングカーイベントに初めて参加するという、初心者の方もおられます。どこに行けばいいのか、何を見ればいいのか、初心者の方であれば戸惑ますよね。そんな方のために、イベントの魅力や楽しみ方をお教えします。

イベント入場料の相場

気になるのは、入場料ですよね。入場料は、一般は500円~1000円、小人は200~400円くらいが相場で未就学児は無料と予想されます。どのキャンピングカーイベントでも相場は同じです。

イベントは日中開催だけではなくて、夜も開催される場合があります。車がライトアップされたり、日中とは違った雰囲気を味わえます。夜のイベントの入場料は、一般は500円、小人は200円くらいが相場です。

駐車場は小さな展示場

最初に注目してほしいのは、会場の駐車場です。キャンパー憧れのイベントというだけあって、知識や経験の豊富なアウトドアのプロの方も多数来場されます。来場者の中には、既にキャンピングカーをお持ちの方もいます。

実際に乗られてる方のキャンピングカーは思い思いにアレンジされていて、見ているだけで楽しい気分になります。車には愛着を持って接しているので、展示会場にはない世界に一つだけのキャンピングカーを見つけ出すことができるかもしれません。

ディーラー自慢の名車がズラリ

会場に入ると、見渡す限りたくさんの車が並んでいます。軽キャンパー、バンコン、キャブコンといったタイプのキャンピングカーが勢揃い。人気は日常的に使えて実用性のある軽キャンパーやバンコンですが、やはり内装が充実しているキャブコンは注目の的でしょう。

会場はディーラー別にブースが分かれています。ディーラーは、TOYOTAや日産といった会社ではなくキャンピングカー専門のディーラーです。

ベース車両はTOYOTAのハイエースであっても、キャンピングカー専門のディーラーが車両を買い取って、独自に改良しています。キャンピングカー専門ディーラーの商品として展示・販売されています。

事前準備はしっかりと

イベントは規模の小さいものもありますが、大きなものになると来場者の数が2~3万人、展示台数は200台を超える規模になります。初めて来場される方は、規模の大きさと雰囲気に圧倒されると思います。展示台数が多すぎて、どこから見て回ればいいのかと悩んじゃいますよね。

会場内を効率よく回るには、ある程度の下調べはしておいたほうがいいでしょう。購入を考えている方は特に事前に準備しておく必要があります。ネットでディーラーのHPを確認したり、調べた情報をメモしておくのもいいでしょう。

下調べもせずに目的も持たずにふらふら歩き回るのは、無駄に体力を消耗するだけです。気になるディーラーや車両タイプの優先順位を決めて、目的を持って来場されることをおすすめします。

マナーを守りましょう

イベントの最大の魅力は、目で見るだけではなく試乗体験ができることです。まるでホテルの一室のような内装であったり、アットホームな可愛らしい内装であったりと様々なタイプがあります。

あまり興味のない方でも、心が躍ると思いますよ。憧れのキャンピングカーに乗れるのはワクワクしますよね。大人も子供のようにはしゃぎたくなります。

小さなお子様を連れて来場される方もいますよね。試乗の際には、展示物を汚したり破損したりしないように注意してください。車内は土足厳禁です。

展示物は大切な商品なので、試乗されるときは細心の気遣い心掛けてください。子供に罪はないので、親御さんは気にかけてあげてくださいね。

試乗体験は大変人気があります。車によっては、順番待ちになる場合もあります。駆け込みや割り込みといった行為は周囲の迷惑になるので止めましょう。マナーを守って行動することが、イベントを楽しむためのポイントです。

靴選びと持ち物

大きな規模のイベントになると、広範囲を歩き回ることが予想されます。足の負担を軽くするために靴選びは重要です。履き心地のよい軽めの靴がいいでしょう。展示車両内は土足厳禁なので、着脱しやすい靴がおすすめです。

大きな会場であれば、会場マップを入手してください。展示ブース、フードスペース、トイレ、出入り口の場所が記されているので、自分の現在地を把握できます。緊急時の避難経路の確認もしておいたほうがいいでしょう。

歩き疲れた時のために小さめのレジャーシートなど、座って休息できるものを用意しておくといいかもしれません。大きいシートだと、周りのお客さんの迷惑になってしまうので。リュックなどに入れて持ち運ぶといいでしょう。

その場でお見積り契約

イベントでは車両展示だけではなく、販売も行っています。その場でディーラーに見積もりを立ててもらうことができます。車には値段が掲示されていますが、これは目安の価格なので掲示されている価格より高くなります。

イベントの雰囲気に呑まれて気分が高ぶってしまい、その場で即決したくもなりますが、そこは慎重にいきましょう。勢いで契約をして失敗するってこともあります。じっくり検討されたい方は、専門ディーラーのお店に足を運んで交渉されることをおすすめします。

イベントならではのキャンペーン

大きな規模のイベントには、全国各地からディーラーが集結します。ディーラーにとってもイベントはアピールの場です。イベントならではのキャンペーンがある場合もあります。出展するディーラーのHPをチェックするなりして、情報を得るといいでしょう。

キャンペーンの有効期間をチェックして、後日でも有効であれば見積もり用紙をとっておいて、ディーラーの店舗でゆっくり相談して契約することをおすすめします。

是非ご来場ください

イベントに参加される前に、イベント情報をしっかりチェックして行動計画を立てることが大事です。事前に準備をしてマナーの範囲内で、見て、触れ、試乗してキャンピングカーの魅力を体感してください。

お子さん連れやペット連れの方、アウトドアが趣味な方や初心者の方も是非、キャンピングカーイベントに参加されてみては如何でしょうか。

 

スポンサーリンク

おすすめのキャンピングカーイベントはこれだ!

 

アウトドアが趣味な方なら誰もが手にしたいキャンピングカー。そんなキャンピングカーが一堂に集まるイベントが全国各地で開催されています。ここでは、今後開催される全国のキャンピングカーイベントの日程をご紹介します。

イベントは、ディーラーにとってはキャンピングカーの魅力を発信する場です。あなたにとって、運命のキャンピングカーに出会うかもしれませんよ。

お台場キャンピングカーフェア2018

 

日本RV協会HP


開催日付:2018年10月20日(土)・21日(日)

開催時間:年20日(土)9:30~19:00・21日(日)9:30~16:30

開催場所:お台場野外特設会場


内容

約200台のキャンピングカーが大集結し、展示・販売を行います。屋外で開催されるイベントとしては首都圏では最大級。安定した人気の軽キャンパーから、豪華な内装を誇る大型のキャンピングカーまで、様々なタイプのキャンピングカーが東京お台場に集結します。

全国のビルダーが最新のモデルやお手頃価格のお買い得モデルを展示・販売します。キャンピングカーのご購入を検討されてる方は、参加されてみては如何でしょうか。

日本で唯一、お台場だけで開催されてる夜のフェアも大変人気です。夜は日中とは違う落ち着いた雰囲気で楽しめます。

入場料は前売りが高校生以上500円、小人200円。当日が高校生以上800円、小人400円です。


 

福岡キャンピングカーショー2018

 

日本RV協会HP


開催日付:2018年11月17日(土)・18日(日)

開催時間:17日(土)・18日(日)9:30~17:00

開催場所:マリンメッセ福岡


内容

最新のキャンピングカーやキャンピングトレーラーが大集結するイベントです。約170台が展示・販売されます。キャンピングカーの他にも、国産・輸入バイクが大集合します。

期間中には、スバルアイサイトの体感試乗会やペットの無料撮影会、更にはイベントショーなど様々な催しが予定されています。

入場料は大人前売りが700円、当日が1000円です。中学生以下は無料となっています。是非この機会にキャンピングカーの魅力に触れてみてはいかがですか。


 

ジャパンキャンピングカーショー2019

 

日本RV協会HP


開催日付:2019年2月1日~2月3日

開催時間:1日(金)11:00~17:00・2日(土)10:00~18:30・3日(日)10:00~17:00

開催場所:幕張メッセ国際展示場


内容

国内最大級、アジア最大級のキャンピングカーイベントです。1年で最初の大きなイベントで、最新モデルの出展も多くて注目度が高いです。

会場には、350台を超えるキャンピングカーが展示・販売されています。その他、防災や福祉をテーマにした企画展やペットとの旅をテーマにした企画なども開催されます。

アウトドア好きな著名人のトークイベントやキャンピングカーアワードの表彰式なども行われ、華々しい雰囲気の大型イベントです。

入場料は前売りが一般(高校生以上)が800円、小人(小・中学生)が500円です。当日が一般(高校生以上)が1000円、小人(小・中学生)が600円、未就学児が無料です。


 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • キャンピングカーの魅力に迫る
  • 正しいキャンピングカーの選び方
  • キャンピングカーイベントを完全制覇するためのコツ
  • おすすめのキャンピングカーイベントはこれだ!

 

キャンピングカーとキャンピングカーイベントの魅力について語ってきました。キャンピングカーの購入は夢物語だと思っていたあなた。キャンピングカーへの意識が変わり始めたのではありませんか?

キャンピングカーに興味を持たれた方がいましたら、イベントに参加されて、見て、触れて、体感してみることをおすすめします。実際に体感されることで、また更にキャンピングカーの魅力の奥深さを知ることができるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です