アウトドアで車中泊するのにレヴォーグを選びたくなる5つの魅力

ドライブ

「週末アウトドアへふらっと出かけたいなー」「ペットも連れて遠出したい!」そんな時に、「ホテルの予約はなかなか取れないし、宿泊代もかかるし、車中泊しようかな」なんて思いますよね。

とは言っても、長時間の運転は疲れるし、横になって寝られるスペースがないと寝心地が悪くて快適に過ごせません。。

今回は、そんな車中泊でも快適に過ごしたいあなたにおすすめなスバル・レヴォーグをご紹介します。

スポンサーリンク

アウトドアするなら荷物を充分持っていって快適な車中泊をしたい

時間を気にせず旅行を楽しめる車中泊はアウトドア気分を楽しめ、宿代がいらず、費用も抑えられるので大変人気です。

でも、遠出をするのに荷物があまり入らなくて、必要なものが持って行けないと不便な思いをします。それに、車中泊する時に、「車内で快適に過ごせないとしたらどうでしょう。楽しい旅行でも、帰ってくる頃にはぐったり疲れて翌日に響いてしまっては、リフレッシュしに行った意味がありません。

アウトドアをするなら、青空の下で海岸沿いを走りながら好きな音楽をくちずさみ、キャンプ場に着いたらいつもとは違う空気を吸って、夜は星空の下で大切な人と語り合ったり、一人の時間をたっぷり堪能したり。

気分をリフレッシュさせて「よし、明日からまた頑張ろう!」そんな気持ちを謳歌させてくれるアウトドアができたら楽しいですよね。

スバルのレヴォーグはアウトドアに向いている

SUBARU

今回ご紹介する車は、車中泊でも快適に過ごせるスバルのレヴォーグです。レヴォーグで車中泊する際のメリットやデメリットにはどんなものがあるのかを詳しくご紹介します。

レヴォーグは、ロングセラーになったレガシーツーリングワゴンの後継車で、レガシィを全体的にコンパクト化した車です。

レガシィよりもスポーティーでスタイリッシュなデザインがオシャレで、男性にも女性にも満足度の高い車と言えます。

また、スポーツ性の高い走行かつ安全性に富んでおり、高速道路の運転も非常に楽です。長距離の移動でも疲れにくいので、アウトドアにおすすめです。

 

レヴォーグでの車中泊のオススメポイント5つはこちら


SUBARU

レヴォーグはどういった理由で車中泊に向いているのかをまとめました。

1.レヴォーグのエクステリアはオシャレで高級感がある

車高が低くスタイリッシュなデザインは、ルーフコンテナもオシャレに見えるのが魅力的。外からも中からも大人っぽい高級感が漂います。駐車場で輸入車の隣に止めても引けをとらないほどです。

2.レヴォーグは走行性能バツグンで運転が楽しいと口コミで好評

ハンドルやアクセルの反応がよく、重心が低いので運転が楽しいとのこと。足元も広く、座り心地もいい。長距離を走っても疲れないという声もあります。

3.レヴォーグは大容量のカーゴルームで快適に車中泊できる


SUBARU

レヴォーグは、レガシーの広い荷室とゆったりした車内空間をそのまま継承しています。シートを倒せば2人でも寝られる十分なスペースがあり、シングルサイズの布団や自転車、スキー板も積み込めるほどの広さがあります。

4.レヴォーグの充実したユーティリティ

SUBARU

カーゴルームのユーティリティも充実しており、

  1. 夜間の使用に便利なカーゴルームランプ
  2. 買い物袋を吊り下げられるサイドフック
  3. リヤシートフォールディングスイッチ
  4. 荷物の固定に便利なカーゴフック
  5. 薄型ティッシュボックスやペットボトルを収納できるネット付リヤクォーターポケット

と便利な機能がついています。車中泊では車内で過ごす時間が長いという事なので、便利さは不可欠です。レヴォーグなら、これらのユーティリティで、快適な時間を過ごせそうです。

5.レヴォーグの使い勝手がいい大型のサブトランク


SUBARU

サブトランクが大きいのもポイントです。専用の板で仕切ることができ、かさばる小物から背の高い荷物まで沢山収納できるのも嬉しいですね。アウトドアには荷物が多いことは付き物ですから。

以上、レヴォーグが車中泊に向いている5つのポイントをまとめると、

1.オシャレで高級感がある
2.運転が楽しいと口コミで好評
3.大容量のカーゴルームで快適に寝られる
4.充実したユーティリティ
5.使い勝手のいい大型のサブトランク

夏でも冬でも十分にアウトドアを楽しめそうですね。

スポンサーリンク

レヴォーグで車中泊するときのデメリットは?

レヴォーグがアウトドアにぴったりなのは理解できましたが、レヴォーグにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

1.本格的なキャンプには少し容量が少ない

ミニバンに比べると荷室が小さいので、大人数でキャンプとなると荷物が積み込めない可能性があるため、少人数の小規模なキャンプに合っているでしょう。

2.砂浜や岩場には適していない

レヴォーグには4WDシステムが搭載されており、高い走破性は持っているものの。SUVなどと比べると対応できる道が限られるということです。ですが、林やぬかるんだ道、雪道も問題なく走れるため、あまり大きな問題ではないでしょう。

デメリットと言っても、週末にふらっと出かけたり2人でキャンプに出かける程度であれば問題ないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • アウトドアは快適な車中泊でリフレッシュしたい
  • アウトドアにレヴォーグは向いてる
  • レヴォーグが車中泊に向いている理由は5つ
  • アウトドアする時レヴォーグにはデメリットが2つ

いかがでしたか?スバルのレヴォーグなら安定性が高いため運転しても疲れにくく、たくさん荷物が積み込める事がわかっていただけたでしょうか。家族とのお出かけやペットと一緒にドライブはもちろん、おしゃれで高級感がある車でアウトドアデートも素敵ですね。

ぜひ、スバルのレヴォーグで、素敵なアウトドアを楽しんでください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です