ハスラーでアウトドア車中泊をしてみよう!快適な環境を実現!

アウトドアを楽しめる軽自動車といえばスズキのハスラーアウトドアやスポーツで使用するユーザーがターゲットで、多少の悪路をものともせず走れるので、どこへでも遊びに行けます。また、カラーバリエーションが豊富で、かわいい顔をしたデザインなのでとても人気があります。

ハスラーは、条件が揃えば簡単に快適な車中泊をすることができるとても優秀な車です。車中泊ができると、ハイシーズンや休日で割高になる宿代や空き部屋探し、天候によるキャンセルの心配などとはおさらばできます。

すでにハスラーを所有している方、もしくはこれから購入しようと検討されている方はぜひ車中泊のことを考えてみてください。この車ならば快適な環境をつくることができます。 活動範囲も広がります。

スポンサーリンク

フルフラット対応、ただしグレードに注意

忙しい日常が続いていたが、今日は久しぶりの連休。自然を感じることができるこの場所で、今夜は車中泊。せっかくこの場所へきたのだから、明日もアクティブに遊びたい!そんなときは、車中泊で、しっかりと寝て体力を回復させて楽しく遊びたいですよね。

でも、高低差やでこぼこがある出来の悪い寝床だと、身体が痛くなったりなかなか寝付けなくて、疲れが残ってしまいます。

なので、寝床が平らになるということはすごい重要なんですが、それに関してハスラーはまったく問題ありません。
フルフラットになるように設計されているので、平らな寝床でリラックスして寝ることができます。

さらに公式アクセサリーでベッドクッションがあり、それをひくだけで簡単に質の高いベッドができるのでとても便利です。純正品があるっていいですよね。

ただし、すべてのグレードでフルフラットになるわけではありません。リアシートがスライドすることができて、運転席側に車のシートの高さを調整できるシートリフターがついていることが条件となります。

グレードA:リアシートのスライド機能、運転席のシートリフターがついていない
グレードG:リアシートのスライド機能、運転席のシートリフターは有料オプション
グレードX:リアシートのスライド機能、運転席のシートリフトがついている

なので、有料オプションをつけたグレードGかグレードXがフルフラット対応となります。
車中泊に興味のある方は注意しましょう。改めていいますが、フルフラットは超重要ですからね!

十分に快適なスペース

スズキ

寝るときの室内の広さも重要です。寝るときにお互いの距離が近すぎると、変に気を使ってしまい気疲れしてしまいます。また、天井が低いと狭い所に閉じ込められたような圧迫感があってリラックスできません。

軽自動車の規格としては、ハスラーはスペースが広く確保されている車なので狭さを感じずに車中泊ができます。

横幅、縦幅はシングルサイズの布団をひくことができるくらいの広さがあるので、1人なら申し分なし、2人の場合は平均的な体格の方なら十分に寝れます。

室内の高さも十分です。室内高125cmとなっていますが、オプショングッズがあると天井スペースに荷物を置くことができるくらいの余裕があります。

ハスラーは、軽トールワゴンの代表格であるワゴンRの車体がベースとなっています。なので、室内が広く設計されているのです。

スポンサーリンク

万全な荷物対策をしよう

軽自動車の車中泊では、荷物の置き場所を考えなくてはなりません。さすがのハスラーでも、普通車よりは狭いので荷物を積める量には限りがあります。

荷物がたくさんあると、布団を敷いた時に置き場所がなくなってしまいます。防犯と天気のことを考えると、大切な道具や荷物は車内にすべて収めたいですよね。

最善策は、荷物を余計なものを持たずにコンパクトにすることです。荷物が少ない方が探しものも少なくなりますし、片付けも簡単になります。

それでも、アウトドアの場合どうしても荷物が多くなってしまうときがあります。車内に収まりきらなそうな場合はルーフボックスルーフキャリアを検討したほうがいいでしょう。

また、公式でラゲッジネットという頭上にハンモックのようなものを取り付けて荷物を置けます。重量は2kgまでなので、衣類や重くないかばんなどはそこに置くとスペースを有効活用することができます。

スズキ

イマドキ女子には軽自動車がぴったりですよ。

イマドキ女子も軽自動車でドキドキ車中泊!コツやポイントは?

2018.09.20

車中泊が快適になる公式アクセサリー

ハスラーには、車中泊をするときに便利な公式アクセサリーがあります。

それは、フロント・リアのプライバシーシェードです。

どちらも、隙間なくしっかりと取り付けしたいアイテムですよね。少しでも、サイズが違うとまぶしい太陽光が防げなかったりプライバシーが完全に確保できなかったりと問題が起きます。しかし、ジャストサイズのものを探すのは結構大変です。

それが、公式で簡単に手に入るのでとても便利です。さらに、プライバシーシェードはメッシュ付きなので家の窓の網戸のように虫を気にせずに換気をすることができます。マジックテープを外すとメッシュがでてくる2WAY構造で使い勝手抜群です。

その他に、車中泊アイテムのベッドクッションや、荷物収納に便利なラゲッジネットがあります。ハスラーの公式アクセサリーは、非常に魅力的なラインナップです。カスタム好きなアウトドア人はぜひ一度調べてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

  • グレードを選べば、フルフラット設計なのでとても寝やすい寝床がつくれます
  • ハスラーは室内が広くて高さもあるので快適に過ごすことができます
  • スペースが限られてるので、快適に過ごすための準備として荷物対策はしっかりとやりましょう
  • 公式アクセサリーを利用すれば、簡単に車中泊の環境をつくることができます

ハスラーなら、簡単に快適な車中泊を始めることができます。
アウトドア好きでアクティブな活動が好きな方はぜひ一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ハスラーの記事、こちらもどうぞ。

ハスラーでアウトドアも車内泊も楽しむ!初心者必見おすすめグッズ

2018.09.19

バーベキューメニューについて、こちらの記事もあります。

おしゃれで簡単なメニューでバーべーキュー!季節感満載の物をご紹介

2018.09.28
   
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です