冬にコテージでキャンプ気分を楽しもう!関東から車で行く銀世界。

キャンプに行けば、地頭が良くなり、心身ともに健康になる物凄いメリットがあります。

そしてキャンプの居心地は道具で決まっちゃいます。

皆さんが素晴らしいキャンプを経験して、キャンプにしっかりハマれるように、優れた道具選びのコツとキャンプのメリットを徹底的に掘り下げました↓

→キャンプ道具で居心地はかなり違う!グッズ選びのポイントと注意点

にキャンプといえば、雪の中テントを張って寒い夜に見上げるとキラキラ輝く満点の星空ではないでしょうか…。

吐く息は白く、暖を囲んでホットジンジャーティーを飲んでみる。なんて光景が浮かんできませんか?

でも、冬にキャンプしたことないし不安だし…。そんな時コテージを利用して冬キャンプを楽しむ方法、そして関東から車で割と近い場所をご紹介します。

スポンサーリンク

関東近郊・本格的な冬キャンプを楽しめるコテージ3選

冬のアウトドアに欠かせないのが白銀の世界ですよね。

雪の中で転げまわりたい人にお勧めのコテージを紹介します。コテージ以外にオートキャンプも併設している場所なので、これからテント泊に挑戦したい人にもおすすめです。

塩原グリーンビレッジ 栃木

塩原グリーンビレッジ

手ぶらでアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

東北自動車道 西那須野塩原ICを下り国道400号線を塩原方面へ14㎞で目的地に到着します。

塩原といえば、温泉が有名です。塩原グリーンビレッジには温泉施設も充実しており、食事コーナーもあります。なので、初心者にはぴったりの場所ですね。

森のコテージはお風呂も完備されています。もちろん場内にある温泉施設も利用可能です。コテージ以外にもオートキャンプなども楽しめるので、キャンプ初心者&ファミリー向きです。

北軽井沢スウィートグラス 群馬


北軽井沢スウィートグラス

贅沢なコテージ泊を楽しむなら軽井沢がおすすめです。

碓氷軽井沢ICを下りて、北へ約50分で目的地に到着します。標高が高く、積雪がなくても路面が凍結している可能性が高いので、運転には注意しましょう。

北軽井沢スウィートグラスは、場内も広くコテージも種類が充実しています。ツリーハウスもお勧めです!まるで童話の世界に飛び込んだような景色がひろがります。

天窓があり、夜には布団で寝ながら星空を眺めることができるお部屋もありますよ。

ツリーハウスって何だか憧れませんか?ハンモックにゆられてお昼寝を楽しめちゃいます。

青木湖キャンプ場 長野

青木湖キャンプ場

冬は雪遊びも楽しみたいですね。スキー、スノボでスキー場には足を運んだことがあるかもしれませんが、スキー場でキャンプしたことはないでしょう。

スキー場で有名な長野県白馬村は、冬キャンプできちゃうんです。

安曇野ICを下りて北へ約50分。大町市にある青木湖キャンプ場。ここなら雪遊びもキャンプも、両方楽しめます。

この辺りから山の中へと景色が変わります。トンネルを抜けたら左手に湖が見えてきます。

仁科三湖といわれる美しい湖、「木崎湖」「中綱湖」「青木湖」が続きます。そして国道からちょこっと脇道に入った先に青木湖キャンプ場があります。

この場所は、パウダースノーが楽しめるスキー場がある白馬村・小谷村からも近いですし、大町市にも鹿島槍というスキー場がありますよ。

民家も近くにあるので何かと安心。雪もたっぷり楽しめます。

コテージについてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

キャンプデビューはコテージで!失敗しないキャンプデビューのススメ

2018-11-13

関東近郊のコテージならこれで決まり【おすすめ5選】ペット可も有り

2018-11-02

 

 

冬キャンプまでの車移動は注意が必要

冬のキャンプ場へのドライブはいつ大雪になるかわかりません。まして大型トラックが立ち往生して大渋滞で迂回路もなく動けない車が雪に埋もれてしまうことも最悪考えておかないといけません。

ここからは、移動に関しての注意や準備することなどをご紹介していきます。

冬キャンプ・コテージへ向かう準備はしっかりと

マイカーの準備

東京は暖かくても山の中は積雪してる道路が多いので必ず冬タイヤに交換しましょう。

必要に応じてタイヤチェーン、バッテリーリードの準備があればよいですね。雪道で渋滞することもあるので 携帯トイレはあった方が便利です。

車に積もった雪を落とすためにスノーブラシは必要です。車に雪を乗せたまま走る車がいますが、危険です。

ブレーキを踏んだら、フロントガラスの上に雪が滑り落ちてきて一瞬で視界がふさがります。

ちなみにワイパーでは回避できないことが多いです。後続車へも迷惑になるので、車の上に積もった雪は落としてから運転しましょう。

長野県では、「除雪をしない状態での運転」は道路交通法で反則金の対象になります。

車の燃料は、いつも余裕を持って給油しましょう。大雪の時は意外に役立つスコップ。普段は使わないので折り畳みで頑丈なスコップがよいです。

ワイパー冬用に交換し、ウォッシャー液寒冷地用を使用してくださいね。

天気予報で情報収集を

気象庁HP

天気予報は毎日みて予測をたててみましょう。

大雪警報が出そうなときは、特に注意してキャンプを中止する勇気も必要です。

ミカコ
友達から聞いたんだけど、大雪の日にスキー場に滑りに行ったけど、風が強くてゴンドラもリフトも止まってずっとホテルの中で過ごしたことがあるって言ってたよ。
ミヤビくん(夫)
吹雪だと車の運転も危ないんだよ。地吹雪で目の前が真っ白になるホワイトアウト現象が起きることもあるしね。
ミカコ
楽しむためには天気は大事だから天気図見れるようにならないとね。
ミヤビくん(夫)
今は1週間予報がでるからニュースで十分だと思うけどな…

防寒対策

スキーウエアは暖かいですよ。外で雪遊びするにも濡れません。スキー場に行きたくなれば、板とブーツをレンタルすれば滑れます。

コテージに泊まるとはいえ、夜の外気温は0度を下回るので湯たんぽがあれば暖かいです。

その他、携帯電話の充電器や予備バッテリーも準備しておきましょう。

携帯トイレも忘れずに

大渋滞に巻き込まれると困るのがトイレです。特に冬は冷えるのでトイレも近くなりますよね。あと、1㎞先にパーキングエリアがあるけど車が動かないし…そんな時、携帯用トイレが活躍します。

冬キャンプの初心者にお勧めはやはりコテージ泊ですね。いきなりテント泊だと寒くて眠れなかったなんてことになりかねません。

コテージなら外でも中でも楽しめるし、中で暖をとれるので安心して眠れます。

スポンサーリンク

冬キャンプといえば、夜の星空★

夜は、星を眺めよう。綺麗な星空。キャンプ場近くは暗いので星はきれいに見えますよ。

星を眺める時は、少し知識があった方が楽しめます。流星群の時期だと流れ星が面白いように飛んでいくのが見られるかもしれません。

 

冬の星座スタディスタイル 自然学習館
ミヤビくん(夫)
星座についてキー坊にいっぱい教えるぞ~!
キー坊
ママ、あのキラキラしてるお星様はなんていうの?
ミカコ
北極星かな?
ミヤビくん(夫)
…。ママあれは人工衛星じゃない?

冬キャンプで動物の足跡を見つけてみよう

冬の雪の中で動物の足跡を探してみませんか。うさぎ・リス・たぬき・きつね等山に住んでる動物達を身近に感じれます。

スノーシューを履いてちょっとだけ散策を楽しみましょう。長靴だと雪の中は沈んでしまうので歩きにくいです。そんな時にスノーシューを使うと楽しめます。

日本では昔から雪の上を歩くのに、かんじきを使っています。近年は除雪機械が充実しているのでかんじきを踏んで道をつけてたって知っている人の方が少ないんじゃないでしょうか。このかんじきの西洋バージョンがスノーシューなんです。

冬のキャンプに出掛けるなら服装は大事です。こちらの記事もどうぞ。

冬に行くキャンプの服装はワークマンスタイルがおしゃれ人気急上昇

2019-02-06
スポンサーリンク

冬のコテージでホットな飲み物を

身体を温めてくれる飲み物

  • 紅茶…ポリフェノールの働きで身体を温め代謝を良くします。
  • しょうが湯…生姜は身体の血流をよくし新陳代謝を高める働きがあります。
  • ココア…身体の抹消の血流をよくし効果は長時間続きます。
  • 麹甘酒…栄養価が高く身体の血流をよくする働きがあります。
  • ホットワイン…紅茶同様、ポリフェノールが含まれており新陳代謝をよくする働きがあります。

まとめ

  • 関東から車で行ける本格的な冬キャンプを楽しめる場所探しをしよう。
  • 出かける前の準備を確認しよう。
  • 冬キャンプといえば夜の星空。冬の星座を知っている?
  • 動物の足跡探して楽しもう。
  • コテージでホットな飲み物を飲んで温まろう。

冬キャンプ気分を味わったら次は、テント泊にチャレンジできる自信がつくかもしれないですね。

自然はいいですね。心が癒されます。でも自然はいつも私たちの味方ではありません。災害対策を念頭に入れて行動することが楽しむ結果につながるはずです。いろんなこと勉強してアウトドアを楽しみたいですね!

スポンサーリンク

ところで皆さん、キャンプしてますか?

キャンプは敷居が高いと思っていませんか?
キャンプは大変そう、めんどくさい、、、と思っていませんか?

それって、道具を工夫することで全部解決しちゃうんです。

どんな道具を選べばよいか、おすすめの道具はどんなものか、この記事で詳しく説明しています。

間違いないアウトドアのギアはここで!
全国に約60店舗を抱え、100年近い歴史を持つ老舗の信頼できるショップコチラ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です