アウトドアに最適!アウトランダーPHEVで車中泊をする5つの理由

キャンプに行けば、地頭が良くなり、心身ともに健康になる物凄いメリットがあります。

そしてキャンプの居心地は道具で決まっちゃいます。

皆さんが素晴らしいキャンプを経験して、キャンプにしっかりハマれるように、優れた道具選びのコツとキャンプのメリットを徹底的に掘り下げました↓

→キャンプ道具で居心地はかなり違う!グッズ選びのポイントと注意点

アウトドアやキャンプってハードルが高く感じてしまいませんか?
車中泊であれば手軽でハードルも低くなりアウトドアのイメージも変わるかもしれません。

オススメはアウトランダーPHEV!車中泊に向いている5つの理由、教えます。

「快適な睡眠、快適なアウトドア、満足のいく遊び、わたしたちの希望をすべて解決してくれる車、アウトランダーPHEV。電気自動車だからできる、快適な車中泊を」

アウトランダーPHEVでの車中泊の魅力、お伝えします。

スポンサーリンク

【アウトドア・車中泊ならアウトランダーPHEV】家族で車中泊できる広さ

キャンプでの夜は危険です。テントだと夏は暑いですし、冬は寒さで震えてしまいます。また自然の中にいるので毒を持った虫がいたら大変です。

アウトランダーPHEVであれば広いスペースがあり、わたしのように小さなこどもがいても車内で寝泊まりすることができます。

車ってエアコンも付いていますし、アウトランダーPHEVであればコンセントも付いているので電気毛布などを使用して、冬の寒さを凌ぐこともできます。

車中泊であれば、寝ている時に暑くてなかなか寝付けなかったなどの心配がありません。また、いつでも快適に過ごすことができます。

アウトランダーPHEVのスペース詳細はこちらです。

1⃣荷室長:約1,740mm 

2⃣荷室幅:975mm 

3⃣最大荷室幅:1,305mm

となっています。

身長が高い方でこれだと厳しいという方は下の動画に荷室長を伸ばす方法が紹介されていますのでよろしければご覧になってください。
伸ばす方法は4分25秒くらいから始まります。

車中泊やアウトドアでキャンプするならアイテムにこだわりたいですね。
こんな便利アイテムがありますよ。

寝袋、マットレスの準備はOKですか?

もっとよく知りたい方はこちら。

寝袋とマット選びの極意【完全保存版】快適な眠りはグッズ選びから

2018-11-22

【アウトドア・車中泊ならアウトランダーPHEV】家庭で使う家電をそのまま使える


キャンプに行くと、炭を準備して、火を起こして、火をずっと見ておかないといけないとか結構めんどくさいですよね。

ですがアウトランダーPHEVであれば、家庭で使用している家電をそのまま使うことができます。

たとえばホットプレート、炊飯器などを車内に付いているコンセントにさして家と同じようにそのまま使用できちゃいます。しかも家庭用のコンセントとほとんど変わらないのでドライヤーや冷蔵庫なども使えてかなり便利です。

さすがに大きい冷蔵庫などは入らないので使うことはできませんがある程度の大きさであればそのまま使用することができます。

また大容量バッテリーを搭載していて、満充電であれば一般家庭の1日分の電気量が蓄えられるので充電の心配もいりませんし、エンジンから直接発電を行うことができるので充電が減る心配もありません。

キャンプなのにいつもと同じように生活ができるので子供も安心です。
ちなみにコンセントは車内に2つ搭載されています。

アウトドアでいつもの生活ができる快適さを楽しんでください。

キャンプ道具で居心地はかなり違う!グッズ選びのポイントと注意点

2018-12-27
スポンサーリンク

【アウトドア・車中泊ならアウトランダーPHEV】家庭用電源が使えることで楽しさの幅が広がる

キャンプの時って明るい時間も楽しいですが、夜の暗い時間にキャンプファイヤーをしたり歌って踊って楽しくしたりできるので日常では体験できない楽しみがあります。

家庭用電源が使えるだけでさらに楽しさの幅が広がります。

天体観測で夜の間の星の動きを写真や映像で残すこともできます。
電源があるのでその場で編集もできてしまいます。

いままではアコースティックギターしか持ってこれなかったものが、アンプを繋いで楽しい屋外ライブを始めることも!

迷惑にならない程度ではありますがオーディオ機器などを持ち出してそのまま使うこともできます。

いろいろ考えるとワクワクしてきました。
もしやってみたいことがあればそれが実現できるのもかなりうれしいですね。

ミヤビくん(夫)
みんなで囲むアウトドア飯は何にしよう?

簡単なバーベキュー料理!前菜からメインとデザートまで25選

2018-11-18

【アウトドア・車中泊ならアウトランダーPHEV】災害用にも使えるバッテリーのおかげで長期のキャンプでも安心

ガソリン満タン時であれば、エンジンから直接の発電で最大10日間バッテリーの使用ができます。これで災害時や停電時など電力供給が行われなくなった場合でも安心です。

この性能を活かして少し遠出をしたりして、キャンプの期間が2、3日になってもバッテリーが切れるなどの心配をしなくてもいいことになります。

長期の休みがあったりして、その時間を自然の中で過ごしたいと思っている方にはオススメです。

遠出をして野外イベントに参加もいいですね。夏場は野外フェス、冬場はスキースノボと車中泊が出来るととても便利です。

【北海道】キャンプのイベント2019年!子供用の持ち物って?

2019-02-19

【アウトドアイベント2018-2019】楽しむコツと注意点

2018-11-23

【アウトドア・車中泊ならアウトランダーPHEV】コンセントがついているから年中キャンプができる

アウトランダーPHEVに付いているコンセントは家庭用の家電であればほとんど使用できるので、電源がショートするなどの心配がなければ「こたつ」なども使用できます。

寒い日でも安心です。
アウトランダーPHEVにはもともと暖房も付いているのですが、それだけでは心配という方にも安心してお使いになることができます。

冬のキャンプというと心配なことが夏よりも増えてしまうので寒さ対策ができるとどんな季節でもキャンプが楽しめます。

ぜひみなさんにも一年中キャンプを味わっていただきたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  1. 車内は車中泊もできるほど広々としています。
  2. 大型バッテリーが家庭でできることを車中泊でも実現可能にします。
  3. おもしろい程に遊びの幅が広がります。
  4. 災害などにあっても安心できる機能が充実しています。
  5. 一年中アウトドアが楽しめる工夫がされています。

この5つの理由から、アウトランダーPHEVで行くキャンプはかなりオススメです。

PHEV(プラグインハイブリッド)ですので、普段使用する際のガソリンも気にすることがありませんし、もしもの時があっても安心の車です。

こんな感じでアウトランダーPHEVのことを語っているとキャンプに行きたくなってきましたね(笑)

この記事でみなさんのアウトドアに対するイメージが変わることを願っています。

スポンサーリンク

ところで皆さん、キャンプしてますか?

キャンプは敷居が高いと思っていませんか?
キャンプは大変そう、めんどくさい、、、と思っていませんか?

それって、道具を工夫することで全部解決しちゃうんです。

どんな道具を選べばよいか、おすすめの道具はどんなものか、この記事で詳しく説明しています。

間違いないアウトドアのギアはここで!
全国に約60店舗を抱え、100年近い歴史を持つ老舗の信頼できるショップコチラ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です