アウトドアに最適!ハスラーで子連れ車中泊を快適にする方法

キャンプに行けば、地頭が良くなり、心身ともに健康になる物凄いメリットがあります。

そしてキャンプの居心地は道具で決まっちゃいます。

皆さんが素晴らしいキャンプを経験して、キャンプにしっかりハマれるように、優れた道具選びのコツとキャンプのメリットを徹底的に掘り下げました↓

→キャンプ道具で居心地はかなり違う!グッズ選びのポイントと注意点

最近アウトドアに興味が出てきたんだけど、子供を連れてハスラー車中泊するのって難しくないの?
軽自動車だし親子3人なんてとても無理でしょ・・・
と諦めかけているあなたに希望を!!

ハスラーでの車中泊はできますよ。

でもちょっとしたコツやアイテムが必要になり、ハスラーのグレードによっても変わってくるんです。
そんなコツや必要アイテム、ハスラーのグレードについて解決していきます。

スポンサーリンク

アウトドアにはハスラーで!車中泊をするコツ

ハスラー|スズキ公式

それは整理収納術!ではなくて、ハスラーの車内を寝床にする事は可能ですが、寝床を作るときに手荷物やアウトドア用品、そしてチャイルドシートの置き場所を考える必要があるんです。

車中泊中の荷物をどうするのか?

テントありの場合はテントの中に全部収納できるのでなんら問題なく車中泊はできますが、ハスラーだけでアウトドアに出かけた場合はそうもいきませんよね。

ではその荷物たちをどうすればよいのか提案していきます。

ハスラー|スズキ公式

公式アクセサリー(別売)のユーティリティカラーリングフックなどが取り付け可能なナットを装備。
これで多少の荷物は車中泊中でも車内で保管しておけますね。

貴重品入れに便利

ハスラー|スズキ公式

助手席シートの下にはアンダーBOXがあります。
汚れものだったり、車中泊中の貴重品保管にはとっても便利。
寝床の下になりますので知らない間に貴重品を盗られる心配はなくなります。

チャイルドシート置き場の確保

安全面で少し不安ではありますが、ルーフボックスやルーフキャリアが必要になります。
ルーフボックスでチャイルドシートを入れようとするととんでもなく大きなボックスが必要になってしまいますので、おすすめは「ルーフキャリア+ルーフキャリアバッグ」です。

チャイルドシートのサイズに合うキャリアバッグを探してください。

アウトドア用品もチャイルドシートと同じようにルーフキャリアバッグやルーフキャリアに乗せて保管しましょう。

お出掛けしたくなる車、ハスラーについてもっと知ろう!

ハスラーでアウトドアも車内泊も楽しむ!初心者必見おすすめグッズ

2018-09-19
ミカコ
荷物の置き場所が決まったら、次は寝床の確保よー!
キー坊
えいえいおー!

ハスラーはグレードによってフルフラットになる

ハスラーはほぼフルフラットに対応していますが、販売年式によってグレード名や仕様が違ってくるので注意が必要です。

グレードフルフラットコメント
A×運転席がフルフラットになりません。大人一人なら寝床の確保はできます
G・Gターボフルフラット可能ですが、年式により有料オプションになります
J・Jターボフルフラット可能です。以前のX・Xターボからのグレードアップになります

グレードAはフルフラットにはなりませんが、親子2人ならグレードAでも大丈夫です。

パパには留守番してもらってママと子供で車中泊行っちゃいましょう(笑)

G・Gターボはフルフラット可能です。2018年7月に一部仕様変更があり、有料オプションをつけなくてもグレードGでフルフラットが可能になりました。

2018年7月以前のグレードや有料オプションでフルフラットが可能でしたので、今から中古車でハスラーの購入を考えている場合は年式とグレードに注意が必要です。

年式とか覚えていられないと思うなら販売店さんに「有料オプションなしでフルフラットになるのか?」と聞いてみると良いです。

J・Jターボはフルフラットが可能です。きっとこのブログにたどり着いたあなたは他のブログ等でも情報を収集してきたと思います。

注意
J・Jターボなんて他には書いてないとお思いかもしれませんが、新型ハスラーにX・Xターボのグレードはありません。
それらの情報は古い情報なのでここも注意が必要です。

ハスラーの現在のグレードはA・G・Gターボ・ J ・Jターボです。

2019年にもさらに新しいハスラーが出るんじゃないか?なんて噂もちらほら。

スポンサーリンク

ハスラーで車中泊もアイテム次第で3人寝れる

親子3人川の字になってならなんとかなります。家にいるより密着度が増して家族の絆も思い出も増えるんじゃないでしょうか?

子供が大きくなったときに「3人で寝れるぐらい小さかったのにね」とか、子供の成長を実感できる思い出となることでしょう。

ハスラーの公式アイテムでさらに快適車中泊

アウトドアを楽しめる軽として販売されているハスラーならではの公式アイテムが勢ぞろいです。

公式アイテムなのでハスラーのサイズにぴったりのアイテムが用意されていますが、お値段は目玉が飛び出るぐらいに高額です。
しかし一番快適に過ごせるアイテムになることは間違いないです。

フルフラットに必須なアイテム

などハスラーに必要かつサイズぴったりなアイテム達は公式サイトのカタログに記載されています。どれほど高額なアイテム達かご自身の目で確認するのが一番良いです。

公式アイテムは高すぎる!もっと安くできないの?

ベッドシート

純正品が高すぎる場合におすすめなのはヨガマット。
厚みのあるヨガマットでもそれなりに快適に眠れます。

朝起きたら外にヨガマットを敷いて朝ヨガで体もスッキリ♪
畳めばコンパクトになりますし、なかなか便利ですよ!

プライバシー保護用カーテン

着替えなどプライバシー保護の為に外部からの中見え防止や、睡眠時光を遮断するカーテンは必須ですよね。あるなしでは快適さが全然違いますよ。

天井収納ラゲッジネット

天井が積載スペースに!
車中泊にはとっても便利です。

カラーリングフック

純正カラーリングフックは色も豊富。純正品使用で苦労なくピッタリ使えます。
車中泊をオシャレに、快適に。

公式アイテムではなくても、似たようなアイテムで節約しつつ、快適な車中泊を作り出すアイテムを賢く使っていきましょう。

例えば100均の突っ張り棒と洗濯ネットを組み合わせてみたりしても良いかもしれません。が、耐荷重はそれほどではないので自己責任でお願いします。

アクセサリーカタログにはそのほかにもハスラーで楽しく過ごすためのアイテム満載です。見ているだけでもワクワクできますよ。

車中泊、キャンプと聞いて思い浮かぶアイテムって何があります?
よりこだわりたい人には寝袋がオススメ!車中泊旅行なんかもいいですね。

寝袋はコンパクトなものを選ぼう!キャンプでぐっすりおやすみなさい

2019-02-17

キッズ用寝袋もあるんです。

寝袋を探せ!キッズ用の寝袋の選び方は?どのようなものがあるの?

2018-11-06

アウトドアだけではない!ママの街乗りもお洒落で可愛い

ハスラー|スズキ公式

アウトドアには同じくスズキから販売されているジムニーが有名ですが、オシャレママには程遠い感じ。もちろん個人の好みによりますが、ハスラーの可愛さはジムニーでは得られません。

ジムニーにはジムニーの良さがありますけどね!

ハスラーは何と言ってもカラーが豊富

ハスラーの特徴としてはカラフルポップカラーじゃないでしょうか?
まだあまり見かけませんがピンクも登場してますよね。

地味目な色のハスラーもありますが、明るいカラーは元気なママをイメージできて、子供と毎日を楽しむママを演出できるかも?

学生時代のジャージでもない限りオシャレなママに見えること間違いなし!

2トーンカラーのハスラーをよく見かけますが、グレードAだと手に入れられません。グレードG以上で検討してみてください。

ママに嬉しいハスラーの機能

ハスラー|スズキ公式

汚れを拭き取りやすい素材を採用(Aを除く)
電源を供給するラゲッジアクセサリーソケットも装備(Aを除く)

ハスラー|スズキ公式

ショッピングフック(耐加重2kg)

これがあれば卵を買っても袋が倒れて卵割れちゃったーって事がなくなります。

地味だけど便利なんです。

ハスラー|スズキ公式

子供を安心して乗せられるよう、ISOFIX対応チャイルドシート固定用アンカーに加え、チャイルドシート上端を固定するためのテザーアンカーを標準装備(後部座席に左右2名分)

ISOFIXとは?
シートベルトでチャイルドシートを固定しなくていいんです!
カチッとはめ込むだけの簡単設計なんです。
国際標準化機構(ISO)が定めたチャイルドシート固定装置に関する規格です
もちろんISOFIXに対応したチャイルドシートが必要ですが。

ママもテンションの上がる軽、ハスラーでアウトドアを楽しみましょう。
家族で遊べるイベントはここからチェック!

【アウトドアイベント2018-2019】楽しむコツと注意点

2018-11-23

まとめ

  • ハスラーで車中泊するには手荷物収納のコツが必要
  • フルフラットにできるかはグレードの確認が必須です
  • アイテム買い足しで親子3人ならなんとかなる
  • アウトドアだけではない街乗りにもGOOD

子供が小さいから出かけたくないママも多いかもしれません。
しかし子供が小さいうちにしか体験させてあげられないこともたくさんあります。

思い出してほしい、自分が小さかった頃の思い出を。
ただ海水浴に行った思い出よりも、浜辺で楽しんだBBQやスイカ割り。
大人になればたいしたことではないのかもしれません。

でも子供の頃に味わった楽しい思い出って何年経っても色あせないものですよね。

親として、ママとして、子供とたくさん遊んだ思い出はきっと子供の中にも残るはずです。もっともっと子供とアクティブにお出かけして、今しかできない思い出作りを楽しんでくださいね!


スポンサーリンク

ところで皆さん、キャンプしてますか?

キャンプは敷居が高いと思っていませんか?
キャンプは大変そう、めんどくさい、、、と思っていませんか?

それって、道具を工夫することで全部解決しちゃうんです。

どんな道具を選べばよいか、おすすめの道具はどんなものか、この記事で詳しく説明しています。

間違いないアウトドアのギアはここで!
全国に約60店舗を抱え、100年近い歴史を持つ老舗の信頼できるショップコチラ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です